[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
必要な養分
 作物が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。
○多量要素(9元素)

 炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシウム(Mg、苦土)、イオウ(S)

O微量要素(7元素)

 鉄(Fe)、マンガン(Mn)、ほう素(B)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、塩素(CI)

炭素、酸素、水素の3元素は、空気中の二酸化炭素(C02)と、土中の水(H20)から取り入れられるため、肥料として施す必要はありません。窒素以下の13元素は根から水分とともに吸収されるため、肥料として施用します。









スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。
次のような特徴があります。

窒 素:野菜の茎や葉をつくり、生育を進める。特に葉菜類や果菜類に必要とする。

りん酸:成長の盛んな部分や花・菅一種に影響する。根の伸長を促進したり、果菜類の食昧を向上させる。

加 里:葉や茎を強くする効果がある。果実の着きや肥大を促進したり、窒素が効きすぎた場合には肥効を抑える慟きもある。サツマイモなどのイモ類には特に必要な成分である。

石 灰:野菜が生育しやすい土壌にする、これは土の酸性を中和して肥料の吸収をよくし、根の張りもよくする。

苦 土:葉緑素を作り、不足すると葉脈間が黄色くなる。



■HP売上プラス ビジネスプラン





SEO対策で上位表示されたとしても、10人の訪問者に対して1人しか購入しない

ホームページと、10人中5人が購入するホームページでは売上の差は5倍になります。



購買率を高めるためには外部専門家によるホームページ診断が最も効果的です。



ホームページ売上アップドットコムは、20種類以上のSEO対策ツールに加え

プロの専門家によるホームページ売上アップ診断サービスがついています。





ホームページ売上アップドットコム





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料には有機質と無機質に大別され、ほとんどは粒状か粉状となっています。

○有機質肥料
 動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれます。特徴としては肥効が緩効性及び遅効性であることと、有機質であるため土壌を膨軟にしたり、地力増進の効果もある点です。 主なものとしては、
①動物質:窒素とりん酸が主成分で、魚カス、骨粉などがこれにあたる
②植物質:窒素が主成分で、油カス類がこれにあたる
③自給有機質:堆肥、きゅう肥、緑肥、鶏ふん、豚ぷん、草木灰など
自給有機質肥料は生産者が原料を自給し、自らがつくる肥料です。

O無機質肥料
 一般に化学肥料、化成肥料と呼ばれ、天然の鉱物などから人工的に作られたものをいいます。人工的なものなので、肥料の成分や肥効、形状を作物の生育や散布方法などに応じて作ることができます。 なお、成分量に応じて高度と低度に分類されます。三要素(窒素、りん酸、加里)の合計含有量が30%以上を高度、未満を低度といいます。高度化成肥料は、一般に原料として尿素やりん安を用いるものが多いです。

○その他
・配合肥料:単肥を混ぜ合わせたものを指すが、多くは有機質と無機質の肥料を配合したものです。
・液体肥料:液体複合肥料の総称で、一般に液肥と呼びます。


■HP売上プラス パーソナルプラン





ホームページのアクセスアップ・売上アップに役立つ

ホームページ売上アップドットコムにパーソナルプランが1,980円で登場!



(ホームページ売上アップドットコムは

キーワードアドバイスツールプラス
提供している会社が運営するサービスです。)



パーソナルプランは、アフィリエイト・ブログサイトに

最適なSEO対策ツールが20種類以上揃っており、アクセスアップのための

アドバイスも行ってくれるのでアフィリエイターに心強いサービスです。



使っているサイトは、みるみる検索エンジン上位表示されています。

利用者のキーワード順位実績はコチラ→ホームページ売上アップドットコム





HP売上プラス パーソナルプラン





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム











野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料の散布方法として、基肥と追肥があります。基肥は、作物の作付前や種まき前に施し、主に生育の初期から前半にかけて促進する。追肥は、その後の生育途中におこないます。なお、近年では肥効調節型肥料を用いて全量基肥とする栽培もあります。

○基肥
 上壌改良材を散布した後、均一になるよう散布する。
①葉菜類
  葉菜類は、生育期間の短いものが多く、茎や葉を大きくするため、肥効の早い速効性肥料を利用する。
②根菜類
  根菜類は、根や地下茎を大きくするのでカリの多い緩効性肥料を利用する。ダイコンなどの根を収穫するものは、直下に肥料が多いと岐根(また根)になりやすい。
③果菜類
  果菜類は生育期間が長く、収穫も順々におこなうものが多いため、基肥と追肥を併用する。基肥には緩効性肥料を用いて、1/2~2/3を施用する。追肥には窒素とカリを中心におこなう。


○追肥
 生育が長く途中で肥料切れする野菜は何回かに分けて肥料を補います。秋冬野菜を事例であげますと、一般的には第一回目を間引き終了時、二回目を本葉5枚、三回目を本葉7~8枚を基準とし、以降は生育の状況で判断しましょう。
果菜類ではそれよりも回数が増えます。
施肥場所は根の先端付近がもっとも効果的なので、生育にしたがって少しずつ野菜から遠ざけるようにしましょう。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料の成分別の働きを見ていきましょう。

多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食)

窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素
      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン)
     
リン酸(P):植物体内での代謝作用において重要な役割をおこなう。
      (人間の食べ物でたとえると、たんぱく質、肉、魚)

カリウム(K):養分を成長点に運ぶ。植物を強固にし、病害抵抗性を高める
      (人間の食べ物でたとえると、脂質、バター、サラダ油)

カルシウム(Ca):細胞同士の結合や固体の強度を増す。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

マグネシウム(Mg):葉緑素の構成成分。日照不足で施用効果が大きい。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))



微量必須元素(人間の食べ物にたとえると、ビタミンA、C、E、K)

硫黄(S):含硫アミノ酸の構成成分。ユリ科の作物で施用効果が高い。

鉄(Fe):葉緑素の合成、呼吸作用に関連。

マンガン(Mn):光合成やビタミンCの生成に関与している。

亜鉛(Zn):酸化還元の酵素作用に関与している。

銅(Cu):各種酵素の作用に関与している。

モリブデン(Mo):硝酸還元酵素の主成分。

ホウ素(B):細胞壁の成分。糖の移行、拡散の退社に関与。

塩素(Cl):繊維の形成。

ケイ酸(Si):表皮組織のケイ質化に関与











続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ニーム

ニームとはインドセンダン(ニームツリー)と呼ばれる樹木で、この種子から抽出されたニームオイルには、害虫防除効果があるとされます。

ニームオイルの原料となるセンダン科の植物インドセンダンは、インドのデカン高原からミャンマーにかけて、さらにアフリカにも分布しています。

南アジアでは古くから、保健薬、衣類の害虫防除、作物の病害虫防除特に貯蔵害虫の防除に利用されています。

インドでは、その葉は寄生虫や皮膚病の治療薬に、樹皮は駆虫薬に、また種子は嘔吐剤や駆虫剤としてなどと、古くから生活に溶け込んだ保健薬となっていました。

石鹸として皮膚病の予防に使われたり、歯磨きにも使われてきました。

中国やタイなどでもセンダン科植物の抽出物が農業用害虫防除に利用され始めています。


ニームの害虫防除効果が世界中に知れ渡ったのは、1959年、東アフリカ大陸スーダンにおける砂漠バッタの被害がきっかけでした。

バッタの大群の発生と移動で作物がほとんど全滅したとき、ニームだけがまったく被害にあわなかったことによります。

これを機に種子や樹皮の有効成分が何であるかの研究が始まり、アザディラクチンとそのほかの多くの関連物質が発見されました。

アザディラクチンの昆虫に対する活性の特徴は食害昆虫に対する摂食やキチン合成の阻害作用が強く生育を阻害することと、昆虫の正常な蛹化や脱皮を狂わせる脱皮変体阻害活性なども示すことです。(要するに虫が寄り付きにくくなるということです)




今ではニームを利用したさまざまな園芸資材が販売されています。


ちなみにうちではニームオイルを愛用しています。

⇒ニームオイル






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。