[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
土壌を深く耕すことによって、


①根群域の拡大

②水分、養分の保持力の増大

③排水性の良好化


などを図ることができます。

一般のロータリー耕やカルチの他に、

プラウや深耕ロータリー、あるいはトレンチャーなどを

用いて耕土を深くします。


なお、排水不良のほ場では、

暗きょの施工や、サブソイラーによる

心土破砕を行うとよいでしょう。







スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園に有機物を投入することによって、

土粒問に適度なすき間ができます。

これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、

土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。



よく耕すことによって、

土中の細かい粒子が集まって

小さなかたまりを作った”団粒構造”となります。 



また、土壌中の有用な徴生物の活性を促進したり、

多肥による肥あたりを和らげる働きもします。


しかし、未熟な堆肥を家庭菜園に入れることは、

野菜の根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。



完熟堆肥が手に入らない場合は、

あらかじめ未熟堆肥を堆積しておき、

数回切り返して十分腐熟させてから用いましょう。



有機肥料(購入可)





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
日本の土壌は酸性土壌なので、

一般には土壌改良材を利用して

野菜に適した弱酸性~中性に矯正する必要があります。



土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、

大部分の養分はpH6~7で水に解けることができます。

これは主として土壌微生物の活動に

好適なpHであることと関係が深いです。



家庭菜園への土壌改良材は作付前2~3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。


家庭菜園での施用量は1a当たり12~14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいです。


なお、野菜の種類によって好適pHが

異なりますので注意が必要です。



土壌改良材は作付前2~3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。


施用量は1a当たり12~14kgを目安としますが、


pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいでしょう。


土壌改良剤いろいろ(購入可)







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
腐葉土は通気性・保水性がよく、

原土の物理性を改善する直接効果があります。



また、分解が進むにつれて、

土の単位をくっつけて団粒化を促進します。


この間接効果は持続的で、

団粒土が水やりなどで単粒化するのを防ぎます。



腐葉土から生まれる腐植は、

土の中に含まれる養分と、

自身が含む微量要素を必要に応じて放出します。

さらに、土の緩衝能も高めます。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


土壌酸度とは、

土が酸性かアルカリ性かということで、

pHという単位で表します。



pH7.0以下が酸性、

それ以上がアルカリ性です。


 多くの植物の生育に問題ないのは、

弱酸性から中性の土(pH5.5~7)とされています。


しかし、栽培に使った土や畑土などは、

植物の生育に悪影響を与えるほど

酸性化が進んでいることがあります。



土に含まれる石灰・苦土・カリなどが、

雨などで流れたり、窒素肥料を多く与えると、

家庭菜園の土は酸性化していきます。



逆にアルカリ性が強くなった場合も、

微量要素の欠乏などの障害があらわれます。



家庭菜園に有機物を与えることによって、

酸性化で低下した土の緩衝能や、

微生物の活性を回復させることができます。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、

収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に

石灰または苦土石灰を1㎡あたりに200~400gくらいを混ぜ、

よく耕します。



ここで、気をつけることは

家庭菜園に一度にたくさんの石灰を施さないことです。


アルカリ化しすぎになると植物がマグネシウムや鉄分などを吸収しにくくなります。 
 

野菜に肥料をやりすぎると根をいためることもありますので注意しましょう。



わら、刈取った草、枯葉、野菜屑、木屑などで堆肥を作ります。

野菜屑や木屑は、畑の隅などで穴を掘り

少量の堆肥と混ぜ十分に腐らせてから使います。



堆肥を作れない場合は市販の腐葉土や植物性の堆肥で大丈夫です。

大事なのは、堆肥を家庭菜園に入れ深く耕して

土に空気を含ませるように混ぜることで土が団粒化し、

通気性や保水性もよい状態の土が出来ます。






土作りを楽天で検索する
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜を作るには、畑の土の状態をよく知っておくことが大切です。初めに土の酸性度に注意します。土壌酸性値はpH値で表示され、pH4~6を酸性土、pH8~9をアルカリ土といいます。まず、最初に畑を耕すときに、pH値を測る方がいいでしょう。ほとんどの野菜は酸性を嫌い、弱酸性からやや中性(pH6~7)の間が適しています。

簡単な測り方は、適当な量の土をコップに取り、その土の重さの2~3倍の水で溶かし、上澄み液にリトマス紙を浸けることで測定できます。また最近はいろいろなpH測定器も販売されています。野菜作るにあたって土壌のpHは重要ですのでぜひ測定してみてください。


pH測定機器いろいろ(購入可)





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。
しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根にとって理想的な住まいです。団粒の隙間は大きいので空気と水が通りやすく、団粒の表面にも内部にも養分や水分をたっぷりたくわえているので、保水性と保肥力にも富む土になります。普通の土でも団粒土なら根にとってよいのですが、軽石・有機物・人工砂礫などを混入することによって団粒構造に変えることができます。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
よいの条件は、通気性、排水性と保水性を両立させていることです。通気性保水性は、あちらを立てればこちらが立たず、の関係なのです。2つを両立させるには、原土に有機物(腐葉土・ピートモスなど)か人工砂礫(バーミキューライト・パーライトなど)を混ぜ、その物理性を改善することです。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
よい土とは、簡単にいうと根の呼吸に必要な酸素を含むための隙間があり、通気性がよいこと、適度に水を含む保水性のあること、養分を含んでいる、または含みやすい保肥力のあることです。





続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。