[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
オクラ

オクラはとても歴史の古い野菜で、

その原産地はアフリカの北東部で、

エジプトでは紀元前2世紀から

すでに栽培されていたといわれています。


オクラには独特のぬめりがあり他の野菜とともに、

舌ざわりや歯ざわりを楽しむために利用されたりします。


オクラなどこれらの野菜は

健康志向や食生活の多様化から見直され、

また、栄養的にも優れていて、消費も増加傾向にあります。


オクラの独特のぬめりの成分は、

タンパク質の吸収を助ける働きのあるムチン、

脳への刺激を活性化させるガラクタン、

毒素を体外に排泄する働きのある食物繊維の

ペクチンなどです。

昔からネバネバしたものには強精効果 があり、

消化を助ける働きをするとされています。



オクラの栽培のポイント


オクラの種は皮が硬く水を吸いにくいので、

種を一晩水につけてから播くほうがオクラは早く発芽します。

オクラは早い時期に種を播くと低温のために発芽しなかったり、

発芽しても晩霜や強風にあたって枯れてしまうことがあります。

5月中下旬ころがオクラの種まきにはいいと思います。


オクラの苗を購入して植える場合も風よけなどして、

強風や低温、晩霜に注意しましょう。

ポットに2,3本生えているオクラの苗はそのまま定植しましょう。

1本1本わけると根を傷めて枯れてしまうことが多く、

初心者には難しいと思います。

れてきたら挑戦してみるのも面白いです。


品種はいろいろとあり、赤いオクラや沖縄の島オクラなどもあります。

私はグリーンファイブがお気に入りです。



野菜名

科名

原産地

オクラ

アオイ科

アフリカ

学名

英名

和名

Abelmoschus esculentus Moench

Okra

アメリカネリ

種まき時期

定植時期

収穫時期

4月中旬~

5月上旬~

6月下旬~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

土壌適応性は広い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

28~30

35~40

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

20~30

35~40

うね幅

条数

株間

100cm

1

45cm

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

2200本

1.5~2ℓ

230~260粒


いろいろなオクラの品種(購入可)







⇒野菜作りの秘訣






生育の良い培土




野菜の栽培特性記事一覧
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
オクラの種まき


オクラは種の皮がとても硬く、水を吸収しにくいので、

一晩水に浸した後、水切りしてからオクラの種をまきます。

オクラは寒さに強くないので露地に種をまくのは5月以降になります。

トンネルをかけて保温すると、早めに種まきができます。

家庭菜園でオクラを植える場所は日当たりの良い場所を選びます。





オクラの間引き


オクラの子葉が開ききったころ、

発芽の送れたものや子葉が極端に変形したオクラの株を

間引いて、1ヶ所3株にします。



オクラの本葉2枚のころ、2度目の間引きをします。

オクラの生育の良い株を残して、1ヶ所1株にします。

間引くときは残す苗を痛めないように根元からはさみで切ります。

ここではさみを使わず、そのままオクラを抜いたりすると

根を痛めて、その後の生育が悪くなったり、枯れてしまうこともあります。



家庭菜園でオクラが本葉4~5枚に生育したら、

1株おきに間引いて、オクラの株間を広げます。

このときもはさみを使い、根元から切ります。

最終的には株間を40cmくらいにします。




オクラの花が咲いて1週間足らず

でうすい産毛で覆われた

小さいさやが見ることができます。

オクラの採りたての柔らかな歯ごたえ、

さわやかな香りを味わえるのは

家庭菜園の醍醐味ですね。










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
オクラの幼果の収穫が始まるころ、

株元からわき芽が出て枝分かれすることがあります。

オクラのわき芽をそのままにしておくと

オクラの主茎の伸びが抑えられ、

収穫できるオクラの幼果が少なくなります。

発生してくるオクラのわき芽は早めに摘み取りましょう。





オクラの収穫が進んでくると、

下葉が株元の風通しを悪くしたり、

養分の浪費をすることにもなります。

収穫できるオクラの幼果の下の葉4~5枚残し、

それより下の葉は摘み取ります。





収穫するオクラの幼果の大きさは

品種によって7~10cmになったら収穫します。

収穫が1日でも遅れると

オクラの果実が大きくなって、

繊維が強くなり硬くなってしまいます。

また小さめのオクラの果実を収穫したほうが

数多く収穫できます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。