[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
紫蘇しそ

しそは虫や病気に強く、乾燥にはやや弱いですが、

暑さにも強く場所を選ばずどこでも

育つ初心者向けの野菜です。

紫蘇は繁殖力が強いので一度紫蘇の種を播くと

こぼれ種で紫蘇が増えるので菜園のすみに

紫蘇を数株育てると毎年楽しめます。


紫蘇の種は直播し、発芽に少し光を好みますので

うすく土をかぶせます。

紫蘇は初めのころは生育が遅いですが、

株は大きくなりますので混み合ってきたら、

早めに間引きしましょう。 


間引きしたシソは芽じそとして利用できます。

紫蘇は乾燥すると生育が悪いので

雨が少ない場合はたまに水をかけてあげましょう。

紫蘇を生で食べるときは

新しいシソの葉を摘む方が柔らかく香りもよいです。


こぼれたシソの種で毎年たくさん発芽してきますが、

だんだんとシソの香りが薄れてきたり、

葉が硬くなってきますので、

満足のいく紫蘇がとれなくなったら

新しい紫蘇の種をまいたほうがよいでしょう。



紫蘇には青しそ赤しそと多くの種類がありますが、

一般に薬味として使われるのは青シソで、

赤シソは梅干、漬物などの色づけや、

香りつけに使われます。

野菜名

科名

原産地

しそ

シソ科

中国

学名

英名

和名

Perilla frutescens

Shiso

紫蘇

種まき時期

種子の光反応

土壌適応性

4月~5月

明発芽種子

場所を選ばず
どこでも育つ

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

2~4

15~20

28

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

20~25

35

うね幅

条数

株間

120

2

15~20

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

8000~10000

2~3dl

10000



シソの種子







⇒野菜作りの秘訣




お花のプレゼント?!
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります




家庭菜園で少量の株でいい場合はポットでシソの苗を作り、

シソがある程度大きくなったら、定植します。



シソの種まき


シソの種はポリ鉢に5粒くらいまき、苗を育てます。

土はシソの種が隠れるくらいのうすめにかぶせます。




シソの間引き


シソが発芽して子葉が開ききったころ、

発芽遅れや長く徒長した株を間引きして、

ポットに2,3株残します。

間引きしたシソは芽紫蘇としても楽しめます。



シソが生長し、本葉が2枚になったら、

生育のよい株をひとつ選び、ほかを間引きます。




シソの定植


シソの苗が本葉4~5枚くらいになったら、

株間を30cmくらいで植えます。

シソの苗は浅く植えてあげます。

植えた後はたっぷり水をかけましょう。




シソの種子

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
シソへの追肥はシソの苗を植えつけた2週間後に

1回目をやります

その後、2週間ごとに、2回目、3回目と与えていきます。

1回目の追肥はシソの条間に浅く溝を作ってそこに施します。

2回目と3回目はうねの肩部分に施肥します。



1回目の追肥のあと

除草もかねて、畝の表面を軽く耕して土で肥料をかぶせてやります。

こうすることによって肥効を助けたり、株の倒伏を防ぐ効果があります。



シソの本葉が10枚以上になったら

シソを収穫し始めます。

葉の幅が4センチ以上になった若い葉を

葉柄をつけてていねいに収穫します。

シソは乾燥に弱いので

土が乾いたらたっぷりと水をやり

みずみずしいシソの葉ができるようにしましょう。



花穂紫蘇の収穫


シソは昼間の長さが短くなると花をつける

短日植物です。

7月下旬ころから花穂が成長し始めます。

1つのシソの穂に5から6花が咲き、

収穫適期になります。

花穂が10センチくらいになったら収穫しましょう。



シソの種子

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
紫蘇の独特な香りはペリルアルデヒトという芳香成分です。

紫蘇は生ものに添えて食べることが多いですが、

それは強い防腐力があり、食中毒の予防になるからです。



紫蘇はあまりたくさん食べるものではないかもしれませんが、

紫蘇にはカロテンが多く含まれ、がん予防にも効果があるといわれています。



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。