[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ラニーニャ発生、夏は暑い傾向=降水量は多めか-秋まで続く可能性・気象庁

 気象庁は11日、太平洋赤道域の海面水温が中部から東部にかけて低くなる「ラニーニャ現象」が5月から発生しているとみられると発表した。10月ごろまで続く可能性が高い。同現象が発生した夏は太平洋高気圧が強くなり、東・西日本で気温が平年並みか高く、東・西日本の太平洋側と南西諸島で降水量が平年並みか多くなるという。
 九州南部以外の本州では梅雨入りが遅れているが、これは「太平洋高気圧が不活発な時期に当たり、梅雨前線の押し上げが弱い」(高橋俊二予報官)ためで、今後は同前線が順調に北上する見込み。ラニーニャ現象の際は、梅雨期に降水量が多く、梅雨明けは早い傾向がある。
 ただし、気象庁は同日、「西日本の少雨に関する全般気象情報」も発表しており、西日本では当面、水や農作物の管理に注意する必要がある。
2007/06/11-16:30 時事通信
-----------------------------------------------------------------

過去の統計では、「ラニーニャ現象」が発生すると、日本の気温が平年より高温になる確率は8割以上だそうです。
ラニャーニャ現象が起きると猛暑になり、その逆の冷夏になるのは、エルニーニョ現象です。
ちなみにラニーニャとは、スペイン語で「女の子」の意味で、反対に、エルニーニョは「男の子」です。
知ってました?

梅雨も短くなるということらしく水不足も心配ですね。
気象庁でも西日本の少雨情報を出して、農作業への影響などが広がる恐れがあると
注意しています。


雨が少ないということでうちの菜園でも水やりには十分気をつけています。
とくにきゅうりなんかは水がたくさんいるので、乾き過ぎないようにしています。
暑くて水不足で水が使えないとなると困ってしまいますね。


ラニーニャ現象の影響で、今年はから梅雨で猛暑、雨が降れば集中豪雨という感じになってしまうのでしょうか?
うーん心配です。






スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
先日GAPの研修を受けてきました。

GAPというのをご存知でしょうか?



続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
農水省は22日、農業用資材製造・販売の三好商事(三重県名張市)が農家や個人向けに販売した植物保護液「アグリクール」から、農薬取締法に基づく登録を済ませておらず、使用が禁止されている農薬「アバメクチン」を検出したと発表した。同省は都道府県を通じ、購入者や販売業者に返品するよう呼び掛ける。ただ、農水省は同社の推奨方法通りに使用していれば「健康に大きな影響はない」としている。
 三好商事は、アグリクールの製造を中国企業に委託。「植物を元気にする」「化学農薬は一切入っていない」を売り文句に、1997年からホームセンターなどで販売してきた。購入者は野菜やイモ類などの農産物に散布していたとみられる。 
-------------------------------------------------yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000088-jij-pol


アグリクールはホームセンターでも販売されているし、

たしか楽天でも購入できたと思います。

アグリクールの説明では「天然植物のクララよりつくられた,農植物保護液」

「殆どの害虫に効果が有り,殆どの植物に使用でき,人と環境にやさしい商品です。」

とあり農薬を使いたくない家庭菜園愛好者でもかなり多くの方が

使っていたのではないでしょうか?


肥料登録が取れているから大丈夫

といって消費者を安心させ、

実は無登録農薬の成分アバメクチンが混和されていたとは、

農業生産者や消費者に対する裏切り以外の何物でもありません。




食品の偽装問題が相次ぐ中、

肥料や葉面散布材の偽装がアグリクールの他にもあるのでしょうか?


あらためて薬剤などに頼らない丈夫で健康な野菜を作りたいと思いました。





野菜の栽培特性記事一覧


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トウガンの乾燥粉末を1カ月間摂取した18人のうち13人が体重が減少した―などのモニター実験の結果を県産トウガンを使った健康食品の研究に取り組む桜物産(那覇市、中島千鶴子社長)が発表した。モニター実験には医療法人和楽会が協力した。
 

続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
大豆をほぼ毎日食べる女性は、あまり食べない女性に比べ、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞など循環器病の死亡率が約7割も低下することが、厚生労働省の研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防部長)による大規模な疫学調査で分かった。大豆に含まれるイソフラボンの摂取量が多いほど、特に閉経後の女性で脳梗塞や心筋梗塞の発症率や死亡率が下がった。研究成果は、11月27日付の米専門雑誌「サーキュレーション」に掲載された。

 

続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

中国産の冷凍インゲンから高濃度で検出された農薬ジクロルボスが、ギョーザ事件を含めて厚生労働省の検疫などで過去8年間に計14回、輸入された中国産食品から基準を超えて検出されていたことが分かった。原因不明なケースが多く、農薬と無関係な水産食品でも検出例があった。ギョーザ事件で最大の問題となった農薬メタミドホスと違い日中両国で広く使われている農薬とあって、混入ルートの特定は難しくなっている。

 ジクロルボスは食品衛生法により、加工していない農産物で0.1~0.5ppm、それ以外の食品は一律0.01ppmを超える残留があると輸入できない。厚生労働省の統計では、00年12月~04年8月に検疫で中国産食品から計10件の基準値を超える違反が見つかった。内訳はマツタケ3件、青物野菜2件、うるち精米2件、トウモロコシ、冷凍イチゴ、生薬各1件。このうち混入原因が確認されているのは農薬の使用管理不足だったマツタケ2件、うるち精米1件の計3件しかない。

 04年9月以降は検疫での検出はなかったが、今年2月に中国産冷凍ギョーザから、メタミドホスのほかにジクロルボスの混入も判明。その後、輸入業者が自主検査を強化し、冷凍のサバ、シシャモ、イカ天ぷら各1件で相次いで検出された。水産食品では通常、製造工程でジクロルボスが使われることはなく、輸入業者の現地工場調査でも保管や使用は確認されなかった。

 唐木英明・東大名誉教授(毒性学)は「中国でジクロルボスは食品の生産段階だけでなく加工場での消毒などあらゆる場面で使われている。ただし、故意と考えられる濃度に達するケースは、経路が明らかに違うのではないか」と指摘する。

 ジクロルボスは日本国内でも1957年に農薬登録され、現在も広く流通している。野菜や果樹への散布や倉庫の薫蒸などに使われ、研究機関に微量の試薬がある程度のメタミドホスとは事情が異なっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081016-00000068-mai-soci



中国製の野菜こわいですね~
インゲンには基準値の2万倍のジクロルボスが検出されたみたいだけど
ものすごい量ですね

ほんと安心して食べられるものが少なくなってきてる感じです。

やっぱり一番安心して食べられるのは家庭菜園で自分で作った野菜かな




ここで無料レポートの紹介

中国製冷凍食品事件をのぞいてみれば、あなたの姿が映ってる!




この作者は毒ギョーザ事件が起こる前から
中国野菜の危険性を訴えていました


頻繁に外食や冷凍食品を口にしている人は、ぜひ読んで
いただきたいレポートです。


事件が起こるたびに注目される中国食品問題ですが
今こそ、もう一度、食を見直すべきじゃないでしょうか。


中国製冷凍食品事件をのぞいてみれば、あなたの姿が映ってる!








きちんとした食材を食べることは、すべての健康のもと。

自分のために、家族のために、正しい食事をしたいものです。




とはいえ、スーパーで売ってるのはどれもこれも

添加物も入っているし、心配です。



そんな方にオススメしたいのが、食材宅配。

中でも、オイシックス。



もちろん、オイシックスの食材は「すべて」信用できるかといったら、
そんなことはありません。



しかし、普通のスーパーよりは、確実に「当たり」が多い。
ためしてみる価値は十分にあります。



オイシックスは、まずはおためしセットから。
初回購入の人のみ、お買い得価格で購入できます。
【Oisix】自分の子どもに食べさせられる食品だけをお届けします!





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。