[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
私が除草作業で一番大変だなと思うのが、手作業で雑草をとることで、本当に手で雑草を駆除するのって大変なんですよね。
それに、除草剤はやっぱり安全面で怖い気がしますので、楽にできて、しかも除草剤を使わない方法はないのか調べていたのですが・・・

そこで見つけたのが「やさし砂 鎌いらず」です。


このやさし砂鎌いらずは、TV「痛快!買い物ランド!」などテレビショッピングでも紹介されている大人気商品です。
少し前になりますが愛・地球博でも使われていて有名になりました。






コンクリートの様に固まる砂ですから、雑草が生えてくる事がなくなります。
また、成分の95%以上が天然素材で透水性がありますから、除草剤やコンクリートと違い木や花への悪影響もありません。
植物にやさしく、草刈が必要なくなりますから「やさし砂 鎌いらず」という名前がついているんですね。


使い方としては、まず事前に雑草やゴミを乗り除き、凹凸にした後、
やさし砂鎌いらずを均一に敷き、コテなどで平らにして、
あとはまんべんなく水をまきます。

使い方としてはとても簡単ですね。



公式サイトの「やさし砂 鎌いらず」の方に、実際に写真を使って、
雑草対策をしている写真もありますのでとてもイメージしやすいです。
実際にこのやさし砂 鎌いらずを使った作品紹介という、使用した人の感想と写真が
「DIY 作品紹介/作品募集」に載っています。












スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
あなたのお庭を見て下さい。


雑草が活発に活動していませんか?

雑草は梅雨に水分を蓄え夏に向け大きく成長します。

ぜひ、中に入る前に雑草対策してみてはいかかですか?


雑草対策として、草取り鎌などを使って手作業で草を取る方法があります。
もっともポピュラーな雑草を取る方法ですよね。

手袋を使って、一本ずつ雑草を抜いていく作業、鎌などの道具も使いますが、これは本当に大変なんです。



雑草で困っている方は、この手で取る雑草がとても大変でそのうち雑草を取るのがめんどくさくなっていまい、除草作業をやらないでいると庭がボーボーになってしまったということがあるのではないでしょうか。
根が深く張っていると、草を一本抜くだけでも、大変なんですよね。
一番安全安心な方法ではありますけどね。



次に除草剤を使う方法があります。
除草剤を用いて雑草を枯らす方法です。

最近では、この除草剤での雑草駆除が一番広く使われているそうです。

ところで、除草剤というのは、雑草を生えてこないようにするわけだから人体とかに影響がないのかな?
と思うのは誰もが思うところですね。


除草剤は、農薬の一種で、多くは植物を枯らすために作られた薬剤なので多くの除草剤は人間、動物などには影響はないといわれているようです。
厳しい検査で健康のリスクとしてはタバコ一本吸うよりもかなりリスクは少ないそうです。

とはいえ、私は例えば野菜を買うときも、農薬とかは結構気になってしまい、野菜の皮を必要以上にむいたりしちゃいます。

一般的に人体に影響はないとは言われていますし、もちろん、一般農家の方でも農薬を使って、野菜などを栽培している方もたくさんいらっしゃるでしょうから神経質なのかもしれません。


除草剤は駐車場や通路ではいいかもしれませんが、菜園の周りではちょっと使いにくいですね。



あと機械を使って雑草をとる方法もあります。
機械を使って生えている雑草を抜いたりするものがあるようですが、一般的な家庭ではあまり使うことってないですよね。



農家など大きな畑を持っている方が、使用することが主なので例えば庭にちょっとした花や野菜などを育てている方にはこの機械除草はあまり使われないとおもいます。




私が除草作業で一番大変だなと思うのが、手作業で雑草をとることで、本当に手で雑草を駆除するのって大変なんですよね。
それに、除草剤はやっぱり安全面で怖い気がしますので、楽にできて、しかも除草剤を使わない方法はないのか調べていたのですが・・・

そこで見つけたのが「やさし砂 鎌いらず」です。

ちなみにこれは「やさしさかまいらず」と読みます。
私もはじめは「やさしすなかまいらず」と読んでました。
地球にやさしいということをあらわしてるそうです。



やさし砂鎌いらずとは?



やさし砂 鎌いらず公式ページ






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
雑草の定義とは何だと思いますか?

実は雑草の定義というのは個人の考え方や目的によって変わってきます。



一般的には

田んぼや畑、家庭菜園など人間がある目的をもって利用している土地に生える、

意識的に人が栽培している植物以外の植物

と定義できます。




日本の耕地に生える雑草は、水田で約200種、畑で約300種あるといわれています。

雑草の特徴

・生長が早い

・再生力が強く植物体の一部が傷ついてもすばやく元どおりに回復できる

・早い期間で花や実をつける

・種子をたくさんつける



雑草はどこでも同じものが生えるわけではなく、

その土地の気候、土のpH(酸性かアルカリ性か)や

土の水分量などの土壌条件、人のかかわり具合によって

生えてくる雑草がちがってきます。



手入れの仕方がちがうととなりどうしの畑でも生える雑草が異なることもあります。


最近では外国からはいってきた帰化雑草も増えています。



酸性の土でよくみられる雑草

・スギナ

・オオバコ

・カヤツリグサ

・カタバミ



アルカリ性の土でよく見られる雑草

・ノゲシ

・ホトケノザ

・ハコベ

・スズメノカタビラ


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
雑草の中には、生えていても作物にあまり影響を与えないものもあります。

しかし、多くの雑草が、多少なりとも作物に対して影響をあたえます。



雑草が作物にあたえる影響

1.土の中の栄養分や水分を奪う

せっかく家庭菜園に肥料を施しても、

雑草が生えていると栄養分がとられてしまうので

野菜の品質や収量が落ちてしまいます。



2.日光が遮られる

雑草は一般に生長が早く、すぐに茂って家庭菜園の野菜よりも高くなり、

野菜に十分な光が当たらなくなります。

そうなると、野菜は光合成ができなくなり、品質や収量が落ちてしまいます。



3.病気や害虫を誘引する

雑草が生えると、そこに病気や害虫が発生し、

野菜に感染して広まることがあります。

また、雑草が茂って、家庭菜園の風通しが悪くなることも

野菜に病気を発生させる原因になります。




4.化学物質を放出して、作物の生育を悪化させる

セイタカアワダチソウは根から生長を阻害する物質を出し、

他の植物を弱らせて繁殖します。

またヨモギの仲間は、葉から揮発性の物質を出して、

まわりの植物の生長を抑えます。

このような作物にたいする影響のほか、

ブタクサのように、花粉を大量に撒き散らして、

花粉症の原因になったり、

雑草が人間に直接影響を与えることもあります。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園の野菜は収穫してしまうと、

また新たに野菜の種子をまいたり、苗を植えたりしないと生えてこないが、

雑草はとってもとっても生えてきます。




これは雑草の種子に秘密があります。

植物の種子が発芽するには水と酸素と温度が必要ですが、

植物の種類によっては、光を必要とするものがあります。



発芽に光を種子を光発芽種子といいますが、

雑草はこの光発芽種子をつけるものが多いのです。



光発芽種子であるため、温度や土壌水分があっても、

種子が地中にあったり、他の植物が覆っていて光が当たらないと発芽しません。



しかし家庭菜園を耕したりすると、

雑草の種子に光が当たるようになるので

発芽して雑草が生えてくることになります。



また雑草の種子は園芸植物の種子のように

条件がそろっていても全部がいっせいに発芽することはありません。

発芽する力を持ったまま、何年も休眠している種子もあります。

自然の力ってすごいですね



こうした種子の性質のために、雑草はとってもとってもまた生えてくるのです。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。