[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ブロッコリー

ブロッコリーはイタリアを中心とする地中海沿岸で、

2世紀頃から作られ明治の初期に渡来しました。

ブロッコリーはキャベツの変種で、カリフラワーと同種の野菜です。

昭和20年代に食卓に登場し、40年代から消費が増えました。



ブロッコリーはビタミンAのもとになるカロテンや鉄、

カルシウムなどの栄養価が高い野菜です。

ブロッコリーに含まれるビタミンCは

レモンの2倍、ジャガイモの7倍もあり、

100gで1日の必要量をまかなえます。

ブロッコリーはカロチン、ビタミンB2、カリウム、カルシウムも豊富に含んでいます。




ブロッコリーの茎はゆでると甘みがでて、おいしく食べられます。

ブロッコリーの柔らかい茎は、花蕾よりビタミンA、Cが豊富です。


野菜名 科名 原産地
ブロッコリー アブラナ科 ヨーロッパの
海岸地域
地中海地方
学名 英名 和名
Brassica oleracea
var italica
broccoli 緑花椰菜
種まき時期 定植時期 収穫時期
8月下旬~
9月下旬
9月下旬~
10月下旬
12月上旬~
3月上旬
種子の光反応 土壌適応性
明発芽種子 有機質に富んだ適湿地
pH5.5~6.6
発芽
最低温度 最適温度 最高温度
2~3 15~25 35
生育
最低温度 最適温度 最高温度
5 15~20 28
うね幅 条数 株間
80~100 1 30~40
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
3000~4000 60~80ml 2500~4000
花芽分化
極早生種ほど小苗で高い温度で感応する。
晩性種は大苗で低温を必要とする。
おすすめ品種
直緑28号(茎が太くしっかりしていて、わき芽も
たくさん出るので、家庭菜園にはぴったりです。)



直緑28号  ガーデニング&家庭菜園術のショッピング

ブロッコリーの品種いろいろ



調理と食べ方


茎の部分も栄養価が高いので、皮を厚めにむいてゆで、

マヨネーズで手軽に 食べましょう。


グラタン、シチュー・炒め物、サラダにも向いています。

ビタミンCの損失を少なくするために、ゆでるときはさっとゆでます。

塩少々を加えた熱湯に茎の部分から入れ歯触りが残る程度で良いです。

炒めたり揚げたりする時も、なるべく短時間で済ますと良いです。

ブロッコリーとホタテ貝の炒め物は、風邪に効果があるそうです。



よいブロッコリーの選び方


つぼみがかたくしまり、中央がこんもりと盛り上がっているものを選びましょう。


ブロッコリーの緑色が濃いもの薄いもの(栽培温度の違い)は、

栄養的に差異がないようです。


紫色を帯びたものは、低温下育ちでアントシアン色素の影響です。

ゆでれば緑色になり、味は変わりません。

紫色になっているものの方が甘いような感じがします。


茎の切り口の空洞のあるもの、茶色っぽくなっているものはさけましょう。


花が開いたものは味も栄養価も落ちるようです。


⇒野菜作りの秘訣







野菜の栽培特性記事一覧
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ブロッコリーとカリフラワーはよく形の似た野菜です。

ブロッコリーは緑でカリフラワーは白ですね。

最近は紫や黄色のカリフラワーもあります。



ブロッコリーもカリフラワーもキャベツの仲間で、

花蕾を食べるのも同じです。

しかしブロッコリーはカリフラワーよりも害虫に強く、

キレイなものが収穫しやすいので、

心者にとってはブロッコリーのほうが

栽培しやすいと思います。



ビタミンAやビタミンCやミネラルも

カリフラワーよりもブロッコリーのほうが多いようです。



他のアブラナ科の野菜が葉や茎、根を収穫するのに対して、

ブロッコリーやカリフラワーは茎の先端についた

花蕾を食べるのが特徴です。



低温を感じて花をつけるアブラナ科野菜は、

吸収した栄養分を最初は葉や茎の生長に使い、

その後に花や実を大きくするのに使います。



ブロコリーやカリフラワーの大きな葉がたくさんあるほど

光合成が盛んにおこなわれ、花蕾が大きくなります。

立派で大きなブロッコリーやカリフラワーを収穫するには、

気温が下がって花芽がつく前に、

ブロッコリーやカリフラワーの株全体をできるだけ

大きく育てておくことが重要です。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
緑色のブロッコリーの中に、

突然、紫色のブロッコリーが

出現することがあります。



これは低温にあたったために変色したもので、

紫色になるのはアントシアニンという色素です。



色が変わっても味には影響もなく、

ゆでると緑色になります。




アントシアニンは

ブルーベリーや黒豆、ワインなどにも

含まれているポリフェノールの一種で、

抗酸化作用が注目されています。

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ブロッコリーの種からブロッコリースプラウトを育ててみませんか?

ブロッコリースプラウトとはブロッコリーの種から作るかいわれダイコンみたいなもので

栄養価も高く、最近人気の食材です




作り方は簡単!

弁当箱くらいの大きさの容器のそこにペーパータオルなどをひいて、

十分に水を吸わせ、その上にブロッコリーの種をびっしりとまきます。

ブロッコリーが発芽するまで、新聞紙をかぶせておきます。

かいわれダイコンのようになったら食べれます。




購入した種では高くついてしまうので、

できたら自家採種した種で作るのがいいと思います。


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ブロッコリーの種まき


用意するもの

ブロッコリーの種子
(家庭菜園では茎が太く、わき芽がでる直緑28号がおすすめです。)

128穴プラグトレー

培土(うちではタキイ 種まき培土20L(園芸用)を使ってます)

新聞紙など

あればバーミキュライト(なくても大丈夫です)




まず128穴プラグトレーに土をつめます。

20Lの種まき培土でプラグトレー6枚分くらいとれますが、

バーミキュライトがない場合は覆土用にすこし培土を残しておきます。




プラグトレーに土をつめたら、水をたっぷりかけます。

水をかけると少し土が沈むのでそこにブロッコリーの種をまきます。

ブロッコリーの種はだいたい1mlで128穴プラグトレー1枚分まけます。



種が播き終ったらプラグの開いている部分に土をかぶせます。

バーミキュライトがある場合はバーミキュライトで覆土し、

ない場合はプラグトレーにつめた培度を覆土します。


土をかぶせたら水をたっぷりかけます。


そして乾燥を防ぐために新聞紙をかぶせておきます。

少しでも発芽が確認できたら新聞紙は取り外しましょう。



夏から秋にかけてブロッコリーの種をまく場合は

だいたい2~3日くらいで発芽します。
(キャベツより少し早く発芽します。)

すこしでも発芽したら新聞紙は取り外すようにしましょう。

かぶせたままにしておくと徒長して弱弱しい苗になってしまいます。



暑い時期に種をまく場合は昼間に日よけなどをして

暑くなりすぎないようしましょう。

芽が出るまでは日陰の涼しいところにおいておいても大丈夫です。



芽が出てからは光をたっぷり当ててやると

丈夫なしっかりとした苗になります。

このときも高温や乾燥には注意が必要です。



種をまいてからだいたい25日で定植できるようになります。



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。