[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜の種類によって栽培が難しいもの比較的簡単なものとがあります。栽培期間が長期間に及ぶものほど栽培管理が難しくなる傾向にあります。
これは、かん水や施肥、間引き、育苗、整枝せん定、受粉、摘果、病害虫防除など各作業が必要となることと、気象の影響などを多く受けるためです。
地下部を利用する野菜の難易度は中程度が多く、種イモを植え付けて栽培する野菜は種イモさえ良質であれば高い生産安定が望めます。また、栽培地域の気象条件に応じた露地での栽培適期なら比較的栽培は容易となるうえに旬の野菜として消費量が多く、栄養価も高くなります。しかし、病害虫が発生しやすく、短期間に出荷量が集中するデメリットもあります。なお、栽培期間を前後に拡大したり、端境期の出荷をねらうと難度は上がります。そこで注意したいのは、野菜の種類によって花芽分化の要因が異なるので、栽培時期に合った種類や品種を選ぶ必要があります。春まきホウレンソウや春穫りキャベツ、早生系タマネギなどは抽台(とう立ち)しやすいので特に注意しましょう。





スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


ほ場の日照条件も重要な要因です。光の強さが弱かったり、日照時間が不足すると、作物体が栄養不良となって収量及び品質が低下する原因となります。一般に野菜の多くは、ある程度まで光の強い方を好みますが、種類によっては半日陰など寡日照条件が適するものもあります。強い光を要する野菜としては、ナス科、スイカなどで、やや強い光を必要とするものはウリ科、根菜類、イモ類などです。逆に、弱い光が適するものとして軟弱野菜があります。軟白野菜は暗所で栽培すします。温度不足は、保温や加温によって補うことができますが、補光は難しいのが現状です。







続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
理想的な土とは、排水性、通気性、保水性がよく、十分こなれ、肥料分を適度に含み、柔らかく、また病害虫の心配がなく雑草もないことです。 そこで、堆肥などの有機物や、石灰などの土壌改良材を施し、深く耕して土を適度な粒状態(団粒構造)にすることが大切です。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜の種類別の好適pH
ナス 6.0~6.5 ホウレンソウ 6.0~7.5
トマト 6.0~7.0 タマネギ 5.5~7.0
キュウリ 5.5~7.0 アスパラガス 6.0~7.5
スイカ 5.5~6.5 スイートコーン 5.5~7.5
カボチャ 5.5~6.5 エンドウ 6.0~7.0
レタス 6.0~6.5 エダマメ 5.5~7.0
ダイコン 6.0~7.0 インゲンマメ 5.5~6.5
カブ 5.5~6.5 アズキ 6.0~6.5
ニンジン 5.5~7.0 ジャガイモ 5.0から6.0
キャベツ 6.0~7.0 サツマイモ 5.5~7.0
ハクサイ 6.0~6.5 サトイモ 5.5~7.0
カリフラワー 5.5~7.0 ラッカセイ 5.5~6.5


参考にしてください

pH測定機器いろいろ(購入可)







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
冬作の野菜では、風よけは防寒の役割もします。うね立てを東西うねとし、笹竹などを風上側に立てたりするだけで寒さをかなり防げます。エンドウなどの株元にモミガラをかけたり、多聞に堆肥を入れるのは寒さと乾燥を同時に防いで根を保護する効果があります。 よしずを片屋根式に立てかけ、その下で小カブやコマツナを作る覆い下栽培、ムシロ、コモ、寒冷紗などを直掛けするべたがけ栽培も効果的です。 ビニールトンネルは、防寒から発展した保温対策として使われます。
家庭菜園グッズがいっぱい『農機具通販ヒラキ』






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
風よけは風によって作物が揺れて傷が付いたり茎が折れたり株が倒れたりしないように、または土砂等が飛ばないようにするために設置します。海の近くや季節風の強い場所では、畑の周囲を防風網や生け垣で囲ったり、数うね毎にムギわらを立てたりするのもよいでしょう。また、夏秋ナスのように風による葉ずれやすれ果等の被害が出やすい野菜では防風網を畑の周囲に設置したほうがいいと思います。





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
キャベツやレタスの苗床、夏の暑さに弱いホウレンソウなどでは、日よけをして日差しをやわらげ、温度の上昇を緩和します。日よけには、よしずや黒寒冷紗、アルミを練り込んだビニルなども利用できます。 日よけは、地上1mくらいの高さに水平に張ったり、トンネル状に掛けたり、パイプハウスの屋根部に張ったりします。側面をあけて風通しをよくすることが必要です。さらに防暑効果を高めるためには日よけとあわせて敷きわらを厚くしたり、かん水量を多めにして地温の低下をはかるとよいでしょう。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトやナス、キュウリ、スイカなど枝やツルが何本も伸びてくるものは、植えたままでいると枝葉が茂り過ぎて日当たりや風通しが悪くなり、病害虫も発生しやすくなります。また、実がつきすぎて草勢の低下も早まってしまいます。そのため、野菜の種類に応じた整技法をおこないます。野菜の生育は速いので、整枝作業が遅れないように早めに行うことがポイントです。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
種まきやや定植後、収穫までの期間が長いと、上が固く締まって生育が不良になりやすくなります。株間やうね間、条間を軽く起こすことによって、通気性を改良して酸素の補給とともに雑草の防止をします。生育期間中に2~3回行うのがよく、初めは浅く行い、次第に深くします。生育後半では根が広く張っているので根を傷めないように注意します。収穫期が近づいたら作業は行わないようにしましょう。作業は晴天時に行い、雨天や水分が多い状態では避けましょう。 株元に上を寄せて、株の倒伏を防止したり、根菜類での根元の傷み防止、イモ類での変色防止や品質向上対策などのため2~3回程度行うとよいでしょう。通常は、間引き作業や追肥作業と同時におこなうと作業が楽です。





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜は、葉の大きさに比べて茎やツルが弱く、風で倒れたり折れやすいものが多いです。 トマトやナス、キュウリ、オクラなどの果菜類や、ツルインゲンやエンドウ、ヤマイモなどのツル性のもの、葉菜類ではツルムラサキなども支柱が必要です。 支柱の立て方には、直立式や合掌式などがある。直立式は立てるのが難しく倒れやすいので、合掌式がよいでしょう。2本の棒を山形になるように地面に刺し、上部に地面に平行に棒を渡し、針金やヒモでしっかりと縛りつけます。生育や果実肥大等によって重量が増してきたら斜めに棒を渡して補強します。なお、エンドウやツルインゲン、キュウリなどのツル性の野菜ではネットを展張します。支柱への結束は、植物を傷めないように余裕を持たせて8の掌状になるようにおこないます。結束には、ビニルヒモや麻ヒモなどを使用します。








野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。