[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
カリフラワー

カリフラワーはブロッコリーとともに、

東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生キャベツがルーツです。

日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。



くせのない淡白な味、さっくりした歯ざわりで、

「はなやさい」ともいわれるので食用にしているのは花と思いがちですが、

茎の頂きに1つだけつける花蕾とよばれるつぼみの集まりを食べているのです。



”スノークラウン”、”新雪”などの品種名からもわかるように、

花蕾の色は白がほとんどです。黄や黒のしみがなく、しまったものが良品です。


日本では白色のものが主体ですが、紫色やだいだい色もあります。

最近、ブロッコリーの人気に押されて生産量が最盛期の半分ほどに下降していますが、

ゆでた後のビタミンC損失率がブロッコリーに比べて低いのが特徴です。

ゆでてサラダにしたり、スープやグラタンなど温かい料理に向いています。




 
野菜名
科名
原産地
カリフラワー
アブラナ科
ヨーロッパ
地中海沿岸地域
学名
英名
和名
Brassica oleracea var. botrytis
cauliflower
花椰菜
種まき時期
定植時期
収穫時期
7月下旬~
9月上旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
有機質に富んだ適湿地
発芽温度
最低温度
最適温度
最高温度
5℃
15~25℃
35℃
生育温度
最低温度
最適温度
最高温度
5℃
18~20℃
25℃
うね幅
条数
株間
80~100cm
1
30~40cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
3000~4000本
60~80ml
3500~4500


カリフラワーの品種いろいろ








⇒野菜作りの秘訣



スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
カリフラワーは遅く収穫するほど、

大きく重い花蕾が取れますが、

あまりカリフラワーの収穫が遅くなると

品質が悪くなってしまいます。




カリフラワーの花蕾の表面がなめらかで、

つやつやした光沢のあるうちに収穫しましょう。






カリフラワーを白い花蕾の状態で収穫するには、

花蕾がカリフラワーの葉の間から見えてきたら

ひもで全体をしばって外葉で包むか

大きな葉を切り取ってカリフラワーの花蕾の上にのせたり

カリフラワーの葉を折って花蕾の上にかぶせたりして

光が当たらないようにします。









野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
カリブロ(ロマネスコ)






小型の三角帽子がいくつも積み重なり、

大きな三角帽子型の花蕾ができるカリフラワー



花蕾の色は黄緑色で、肉質はやわらかくて、食味がよいカリフラワーです。



定植後80から85日余りの中晩生種、

適応性の幅がきわめて広いの作りやすいカリフラワーです。





バイオレットクイン







花蕾が紫色のカリフラワーで、ゆでると明るく鮮やかな緑色となるので、

家庭菜園での栽培時や収穫後の料理でも楽しむことができます。



育て方はふつうのカリフラワーと変わりませんが、

白色のカリフラワーのように、

外葉で花蕾をくるむ作業の必要がありません。










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。