[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
タマネギ栽培



タマネギの原産地は中央アジア。地中海沿岸ともいわれます。

タマネギは古代エジプトで栽培され、ギリシャでは紀元前10世紀、

ローマでは紀元前5世紀に栽培されていました。


旧約聖書や千夜一夜物語にもタマネギを食べたり精力剤にする話がいくつか出てきます。

ただしヨーロッパ一帯に広まったのは、16世紀からです。

タマネギが日本に入ってきたのは明治時代になってからです。



タマネギには独特の辛味と香りが疲れや不眠症に

効果があると言われています。



タマネギの主成分の硫化アリルは水に溶けやすく、

熱が加わると甘味成分に変化してしまいます。

この成分を残して調理するためには、

タマネギをきざんで1時間以上放置してから調理するのがよいそうです。

硫化アリルはビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。

米食中心でビタミンB1の不足しがちが日本人には、

タマネギは欠かせない野菜といえます。



たまねぎはニンニクやラッキョウなどの仲間です。

ニンニクの匂いが苦手の人はタマネギで代用するのもよいでしょう。



タマネギは暑さに弱いので、家庭菜園では秋涼しくなってから種をまくのがよいでしょう。



野菜名
科名
原産地
タマネギ
ユリ科
中央アジア
学名
英名
和名
Allium cepa
onion
玉葱
種まき時期
定植時期
収穫時期
9月中旬
10月下旬~
11月下旬
3月~5月
種子の光反応
土壌適応性
暗発芽種子
土質の適応性は広いが、土壌水分に富む粘質土壌でよく生育し、乾きやすくて軽い火山灰土壌での生育はよくない。
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
4℃
15~25℃
33℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
5℃
15~25℃
28℃
うね幅
条数
株間
60cm
2
10cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
20000~30000本
4~6dl
2500


タマネギの品種いろいろ







⇒野菜作りの秘訣


スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園でも手軽に作れるたまねぎは
炒め物やカレーなどの煮込み物、サラダまで
広く料理に利用され、食卓には欠かせない野菜です。



しかしたまねぎの歴史は浅く、
日本では明治以降に浸透してきました。



たまねぎの健康効果の1つに
「血液をサラサラにする」という効果があります。


これは、たまねぎに含まれる硫化アリルなどのイオウ化合物が、
血管を詰まらせる原因となる血栓を溶かす成分に変化し、
血液をサラサラに浄化してくれる働きのためです。


またたまねぎには、食物繊維が豊富に含まれています。
便秘を改善するために、腸の働きを活発にする
たまねぎの食物繊維を積極的に取り入れ、
腸内の善玉菌を増やすことは大切な対策です。



ただし、かたい膜に覆われた細胞の中に存在する
硫化アリルが活性化するのは、
生のたまねぎのスライスか、みじん切りで食べた時です。



たまねぎの辛みをやわらげるため
スライスしたたまねぎを水にさらすのは、
硫化アリルが溶け出すので、
長時間水にさらしてしまうと健康効果が低下してしまいます。


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。