[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
栽培する野菜の種類を選ぶうえでのポイントはいくつかあげられます。例えば、
①鮮度:新鮮さが求められる菜類、抜き菜、果菜類などで、特にスイートコーン、シュンギク、ホウレンソウ、イングンマメ、ブロッコリ、サヤエンドウ、エダマメがあげられる。また、熟度の面でトマト、露地メロンなどがある。
②保存性:適切な保存によって長期間出荷ができ、かつ消費量が多いものとして、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、タマネギなどがある。
③旬:山菜(ウド、ワラビ、タラノメなど)、ミョウガ、ソラマメなどは季節感を有する。
④地域性・特殊:レンコン、ジネンジョ、フキなどの特産品があたる。

次に、野菜の生産安定の要因として以下の事項があげられ、種類を選定するうえで留意しなければなりません。                       
①同じ科に属する野菜での連作は極力避ける。特にマメ科とナス科は3~4年あける。       
②作付前に土づくりを行う。完熟堆肥をla当たり300kg程度投入する。未熟な堆肥は生育障害の原因となることから用いない(特に根菜類)。苦土石灰等の土壌改良材を1a当たり10~12kg施用し、深く耕す。深耕は根菜類に限らず、根張りが良好になる。
③労力に合わせた作付面積とする。面積の制限要因は収穫及び調製作業であり、労力以上に作付けを行うと収穫適期内での収穫ができない。果菜類やマメ類などでは毎日収穫を要するものが多く、葉菜類などのように一定期間に集中するものがある。なお、収穫期間は早生系品種が短く、晩生は長い傾向にある。
④栽培時期に応じた品種を選定する。各品種に適した日長や温度条件があり、不適であると生育が劣ったり、とうが立ったりする。なお、早期栽培を行う場合は、耐寒性や耐暑性に優れるとともに、高温時では萎黄病や軟腐病などに対する抵抗性品種を用いる。
⑤収穫期間の拡大や、端境期での出荷を行う場合は、ハウスなどの施設や、トンネル(大きさによって大中小がある)やマルチ資材を利用する必要がある。




スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
利用部分から葉菜、果菜、根葉に大きく分類されます。さらに科としても分類されます。同じ科の野菜を連作、つまり同一の圃場に毎年連続して同一種類の作物を栽培すると、作物によっては収量が次第に低下する場合があり、これを連作障害といいます。原因としては、土壌養分の過不足や不均衡、微量要素の欠乏、その作物特有の病害虫の密度上昇、有害物質(毒素)の集積、土壌反応及び土壌物理性の悪化などです。対策としては、輪作の導入、肥料・土壌改良材の合理的施用、土壌消毒、品種の選定などです。なお、作物によっては連作しても生産力が低下しなかったり、逆に生産性や品質が向上するものもある(サツマイモ、カボチャなど)。また果菜類での接ぎ木や、病害抵抗性品種の利用などによって連作障害をある程度回避できる場合もあります。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
アブラナ科の野菜は季節の変化に敏感です。

花芽をつけるためには、

生長の過程で一度低温にあうことが必要です。

その後、気温が上昇することによって花が咲くのです。


普通アブラナ科野菜は、

晩夏から初秋に種を播きます。

季節がすすんで気温が低下し、

10℃くらいになると、花芽をつけます。



続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
ナス科

植物は大きくいくつかの「科」に分類されます。

野菜はナス科、アブラナ科、ウリ科などが多くあり、

「科」によって特性が似ていたり、

かかりやすい病害虫が共通しています。



ナスはもちろんナス科です。

ナス科の野菜は他にもトマト、ピーマン、ジャガイモがあります。

ナスはインド原産で、強い太陽光と高温を好む野菜です。

一年中暑い熱帯では、季節を選ばず花をつけます。

ナス科植物は一定の葉の数ごとに花を咲かせ、

実をつける性質を備えています。



日本のように四季のあるようなところでは

暑い時期に実がなるようなタイミングで、

苗を作り、樹を大きく育てなければ、うまく実がつきません。

日本で春に植え付ける野菜にナス科野菜が多いのはこのためです。




また、ナス科野菜の共通の病気に

青枯病という土壌伝染性病害があります。

収穫目前にして、急激にしおれ、枯れてしまう厄介な病気です。

いったん青枯病が発生すると、

しばらくその土では、ナスはもちろんナス科野菜も作れません。




ジャガイモもナス科なの?というかたは結構多いです。

だからジャガイモの作った後には

ナスやピーマン、トマトは作らないようにしましょう。




このように「科」を知っておくことは

家庭菜園での作業や栽培管理をするうえで有効です。

家庭菜園でこれから栽培しようとしている野菜が

どの科なのか?

どの仲間なのか?

をきちんと把握して栽培計画を立てましょう。



トマトの栽培特性について

ナスの栽培特性について

ジャガイモの栽培特性について

ピーマンの栽培特性について
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。