[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園におすすめのトマトを紹介します。

中玉トマトのおすすめはカネコ種苗のレッドオーレです。
実の大きさはゴルフボールくらいの大きさで普通のトマトよりも小さくて栽培しやすいと思います。

皮が柔らかく営利ようとしては嫌う生産者もいますが家庭菜園ではかえっておいしく食べられます。

私はプランターで何回か作ったことがありますがとても甘いトマトがつくれました。

今年も植える予定です。





スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマト


トマトは学名でLYCOPERSICON ESCUIENTUM、

食用になる「狼の桃」、フランス語では「愛のリンゴ」、

イタリア語では「黄金のリンゴ」

と呼ばれているナス科の野菜です。




トマトの原産地は南米で、

日本では観賞用として栽培されていました。

現在のトマトの先祖は"チェリートマト"

といわれるミニトマトと考えられます。



トマトが最初に日本に入ったのは

ヨーロッパから中国を経て

7世紀に導入されました。

本格的には、明治に入って

アメリカやイギリスから

導入され試作されました。




トマトが大衆的な野菜になったのは

第2時世界大戦前後からです。

明治以降、洋食化に伴い、

トマトケチャップの普及で食用になりました。

完熟トマトはビタミンの宝庫とも言われています。

加熱して食べると甘味がひきたちます。




緑黄色野菜であるトマトは、

各種ビタミン、ミネラル等を

バランスよく含んでいるので、

ガン予防、細胞の老化を防ぎ、

動脈硬化を予防します。



特に注目されるのは

ミネラルのカリウムが

230mg/可食部100g

含まれていることです。

カリウムにはナトリウムのバランスを

とって高血圧を予防する効果があります。




家庭菜園のトマト栽培で

元肥にチッソが多過ぎると、

初期生育が旺盛になって、

第1~第2花房落花を誘うことになります。

トマト栽培では元肥のチッソは控えめにして、

追肥で調整するようにしましょう。



また、トマト苗の定植適期の目安は

一番花が一部咲き始めた頃です。

これより若苗だと吸肥力が強くなりがちで、

落花や石炭欠乏症につながり易くなるので

注意が必要です。




トマトは連作障害が出やすいので

トマト、ナス、ピーマンの跡地には

3~4年つくらないようにしましょう。


野菜名

科名

原産地

トマト

ナス科

南アメリカ原産

学名

英名

和名

Lycopersicon esculentum

tomato

 

種まき時期

定植時期

収穫時期

3月中旬~
4月中旬

4月下旬~
5月下旬

6月~

種子の光反応

土壌適応性

暗発芽種子

土壌適応性が広い
pH6.4くらいが最適
過湿に弱い

発芽温度

最低温度

発芽適温

最高温度

15

25~30

35

生育温度

最低温度

生育適温

最高温度

10

昼間25~30
夜間10~15

40

うね幅

条数

株間

180

2

40~50

10a当たりの
定植本数

10a当たりの
播種量

20ml当たりの
種子粒数

2400

60~80ml

1600

花芽分化

播種後25~30日前後、本葉3枚展開、葉が8~9枚分化ころに花芽分化し第一花房をつける。花は両全花で自家受精。







トマトの品種いろいろ(購入可)


野菜作りの秘訣




生育の良い培土



野菜の栽培特性記事一覧
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトを色で分けると、

生食用のピンク系トマトと

ジュース用加熱調理用の赤系トマトの

2つに分類されます。



続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトを使い方で分類すると

生食用トマト、

ジュース用トマト、

クッキングトマト(加熱調理用トマト)

に分けられます。




○生食用トマト

生食用トマトは果実の大きさでさらに3つに分けられます。


大玉トマト

日本で最も多く栽培され流通しています。

大きさはテニスボール大くらいです。

大玉トマトのほとんどは皮が透明の品種で、

見た目は桃色に見えます。

赤い色素のリコピンが少ない品種が多く、

果肉の色も薄赤からピンク色のものが多いです。




ミディトマト

球形でゴルフボール大くらいの大きさです。

ミディトマトには房ごと収穫する品種もあります。

また、大玉トマト品種と比べて、

リコピン含有量の多い品種も多数あります。




ミニトマト

ピンポン玉よりも小さいくらいの大きさです。

ミニトマトは皮がややかためですが、

糖度が高く、味の濃いものが多くあります。

赤くて丸いトマト以外にも、

プラム型のトマト、黄色のトマト、

オレンジ色のトマトがあります。




○クッキングトマト(加熱調理用トマト)

イタリア料理のブームや家庭でも

トマトを調理する機会が増えたことによって、

開発されてきたトマトです。

果肉が硬いため、トマトの樹の上で赤く完熟するまでおいておけます。

煮くずれせず、加熱した後でも鮮やかな赤みが残り、風味も豊かです。


○ジュース用トマト

ジュースやピューレにする加工用トマトです。

主に栽培されているのはトマトジュース会社が

独自に育成したトマト品種が多いです。

生食用の大玉トマトと比べると、リコピンの量が多く、鮮やかな赤色のトマトが多くあります。

青果として出回ることはほとんどなく、種や苗も入手しにくいです。




トマトの栽培特性について


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
真っ赤に実ったトマトは家庭菜園の象徴

広い畑がないからといってトマトを作るのをあきらめる必要はありません。

大玉トマトでも基本を押さえれば、プランターを使って、ベランダや庭先で、畑と同じように、

2,3段目くらいまでトマトを収穫することが出来ます。

広い畑がない人も自家製トマトに挑戦してみましょう。





苗の植え付け


トマトは、ある程度の深さがないと収穫量が落ちるので

たくさん土が入る大型、深型のプランターを用意しましょう。

土は市販の有機培養土を用いるのがお手軽です。

トマトにおすすめの培土

トマトの苗を植えつけるときは根をいためないようにします。

トマトの根をいためると花が咲くのが遅れるので注意しましょう。

トマトの植え付け後の水はたっぷりとやります。

1度鉢の底から水がでるくらいまで与え、

数十秒後にもう一度水をやるのがポイントです。




着果のポイント

トマトの植え付け後、晴れた日、トマトの花が咲くごとに花を手で軽くたたいてやると

花粉が自然に出てトマトが着果しやすくなります。




トマトの水やりのポイント

トマトのプランター栽培では水やりは大事な作業です。

基本は土の表面が乾いたらたっぷりと与えることです。

トマトの株元にたっぷりと水を与えたら、

一度鉢から水が引くのを待ち、鉢の底から水が出るのを確認したら、

再び鉢際までたっぷりと水を注ぎます。

表面がかわかないうちにたくさん水をやりすぎると、

トマトの根腐れや徒長、軟弱の原因となります。




トマトの品種いろいろ
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園で秋の遅いミニトマトを食べたことがありますか?

10月頃に収穫できる、甘みの強い、一回り小さいミニトマトです。

夏の暑い時期に咲いた花なので、着果率は良くないのですが、

すごく甘くておいしいです。



ミニトマトのほとんどの品種は、家庭菜園での栽培だと通常5月くらいに植えて、

わき芽を摘み取りながら、1本仕立てにし、6段目か7段目くらいで摘心します。




秋のミニトマトを楽しみたい場合は、ミニトマトの主枝を摘心せず、

上のほうにでてきたわき芽をそのままにしておきます。



するとそのわき芽に花がつきこれが甘いミニトマトになります。



また摘み取るのを忘れたわき芽をそのまま伸ばしておいても

家庭菜園で秋のミニトマトを楽しむことができます。



野菜作りの秘訣






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。