[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料の散布方法として、基肥と追肥があります。基肥は、作物の作付前や種まき前に施し、主に生育の初期から前半にかけて促進する。追肥は、その後の生育途中におこないます。なお、近年では肥効調節型肥料を用いて全量基肥とする栽培もあります。

○基肥
 上壌改良材を散布した後、均一になるよう散布する。
①葉菜類
  葉菜類は、生育期間の短いものが多く、茎や葉を大きくするため、肥効の早い速効性肥料を利用する。
②根菜類
  根菜類は、根や地下茎を大きくするのでカリの多い緩効性肥料を利用する。ダイコンなどの根を収穫するものは、直下に肥料が多いと岐根(また根)になりやすい。
③果菜類
  果菜類は生育期間が長く、収穫も順々におこなうものが多いため、基肥と追肥を併用する。基肥には緩効性肥料を用いて、1/2~2/3を施用する。追肥には窒素とカリを中心におこなう。


○追肥
 生育が長く途中で肥料切れする野菜は何回かに分けて肥料を補います。秋冬野菜を事例であげますと、一般的には第一回目を間引き終了時、二回目を本葉5枚、三回目を本葉7~8枚を基準とし、以降は生育の状況で判断しましょう。
果菜類ではそれよりも回数が増えます。
施肥場所は根の先端付近がもっとも効果的なので、生育にしたがって少しずつ野菜から遠ざけるようにしましょう。






スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料には有機質と無機質に大別され、ほとんどは粒状か粉状となっています。

○有機質肥料
 動物や植物を原料としたもので、動物のふんや雑草もこれに含まれます。特徴としては肥効が緩効性及び遅効性であることと、有機質であるため土壌を膨軟にしたり、地力増進の効果もある点です。 主なものとしては、
①動物質:窒素とりん酸が主成分で、魚カス、骨粉などがこれにあたる
②植物質:窒素が主成分で、油カス類がこれにあたる
③自給有機質:堆肥、きゅう肥、緑肥、鶏ふん、豚ぷん、草木灰など
自給有機質肥料は生産者が原料を自給し、自らがつくる肥料です。

O無機質肥料
 一般に化学肥料、化成肥料と呼ばれ、天然の鉱物などから人工的に作られたものをいいます。人工的なものなので、肥料の成分や肥効、形状を作物の生育や散布方法などに応じて作ることができます。 なお、成分量に応じて高度と低度に分類されます。三要素(窒素、りん酸、加里)の合計含有量が30%以上を高度、未満を低度といいます。高度化成肥料は、一般に原料として尿素やりん安を用いるものが多いです。

○その他
・配合肥料:単肥を混ぜ合わせたものを指すが、多くは有機質と無機質の肥料を配合したものです。
・液体肥料:液体複合肥料の総称で、一般に液肥と呼びます。


■HP売上プラス パーソナルプラン





ホームページのアクセスアップ・売上アップに役立つ

ホームページ売上アップドットコムにパーソナルプランが1,980円で登場!



(ホームページ売上アップドットコムは

キーワードアドバイスツールプラス
提供している会社が運営するサービスです。)



パーソナルプランは、アフィリエイト・ブログサイトに

最適なSEO対策ツールが20種類以上揃っており、アクセスアップのための

アドバイスも行ってくれるのでアフィリエイターに心強いサービスです。



使っているサイトは、みるみる検索エンジン上位表示されています。

利用者のキーワード順位実績はコチラ→ホームページ売上アップドットコム





HP売上プラス パーソナルプラン





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム











野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
一般に用いられる肥料には、作物が生育するのに必要な成分が含まれています。
次のような特徴があります。

窒 素:野菜の茎や葉をつくり、生育を進める。特に葉菜類や果菜類に必要とする。

りん酸:成長の盛んな部分や花・菅一種に影響する。根の伸長を促進したり、果菜類の食昧を向上させる。

加 里:葉や茎を強くする効果がある。果実の着きや肥大を促進したり、窒素が効きすぎた場合には肥効を抑える慟きもある。サツマイモなどのイモ類には特に必要な成分である。

石 灰:野菜が生育しやすい土壌にする、これは土の酸性を中和して肥料の吸収をよくし、根の張りもよくする。

苦 土:葉緑素を作り、不足すると葉脈間が黄色くなる。



■HP売上プラス ビジネスプラン





SEO対策で上位表示されたとしても、10人の訪問者に対して1人しか購入しない

ホームページと、10人中5人が購入するホームページでは売上の差は5倍になります。



購買率を高めるためには外部専門家によるホームページ診断が最も効果的です。



ホームページ売上アップドットコムは、20種類以上のSEO対策ツールに加え

プロの専門家によるホームページ売上アップ診断サービスがついています。





ホームページ売上アップドットコム





SEO対策に強いホームページ制作会社をお探しの方はホームページ制作 検索ドットコム










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
必要な養分
 作物が必要とする必須16元素は以下のように分類されます。
○多量要素(9元素)

 炭素(C)、酸素(O)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、カリウム(K、加里)、カルシウム(Ca、石灰)、マグネシウム(Mg、苦土)、イオウ(S)

O微量要素(7元素)

 鉄(Fe)、マンガン(Mn)、ほう素(B)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、塩素(CI)

炭素、酸素、水素の3元素は、空気中の二酸化炭素(C02)と、土中の水(H20)から取り入れられるため、肥料として施す必要はありません。窒素以下の13元素は根から水分とともに吸収されるため、肥料として施用します。









野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜の種類別の好適pH
ナス 6.0~6.5 ホウレンソウ 6.0~7.5
トマト 6.0~7.0 タマネギ 5.5~7.0
キュウリ 5.5~7.0 アスパラガス 6.0~7.5
スイカ 5.5~6.5 スイートコーン 5.5~7.5
カボチャ 5.5~6.5 エンドウ 6.0~7.0
レタス 6.0~6.5 エダマメ 5.5~7.0
ダイコン 6.0~7.0 インゲンマメ 5.5~6.5
カブ 5.5~6.5 アズキ 6.0~6.5
ニンジン 5.5~7.0 ジャガイモ 5.0から6.0
キャベツ 6.0~7.0 サツマイモ 5.5~7.0
ハクサイ 6.0~6.5 サトイモ 5.5~7.0
カリフラワー 5.5~7.0 ラッカセイ 5.5~6.5


参考にしてください

pH測定機器いろいろ(購入可)







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜作りのの基本は、なんといっても、土作りがもっとも大切です。
植物の茎、葉、花などを人間でいう上半身とすると、下半身にあたるのが根です。地上にある葉や茎にはみんな注目するのですが、地下にある根は忘れられた存在になりがちです。しかし、根はいろいろな面で植物体を支えている、いわば大黒柱のようなものであり、大切な器官です。
 根の役割は、まず上半身である葉、茎を倒れないようにしっかり支えることです。人間がまっすぐ立つのに足腰が重要であるのと同じです。そしてさらに大切な役目は、養分を吸収して、茎、葉に送ることです。また養分だけでなく、水も空気(酸素)も取り込んでいます。土にとけている肥料成分から、植物が利用できる成分を必要なだけ選んで吸収します。つまり、根は食物を取り入れる口であり、消化する胃腸でもあるのです。
植物は葉で呼吸するだけでなく、根でも土中の酸素を取り込んで、体内で等分などの有機物を燃焼させ、炭酸ガスを出しています。そして、このときのエネルギーで土中の水と養分が吸収されます。そのため、土の構造が大切になってくるのです。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
理想的な土とは、排水性、通気性、保水性がよく、十分こなれ、肥料分を適度に含み、柔らかく、また病害虫の心配がなく雑草もないことです。 そこで、堆肥などの有機物や、石灰などの土壌改良材を施し、深く耕して土を適度な粒状態(団粒構造)にすることが大切です。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
植物が倒れないように支える
 
植物は地中に根をしっかりと張る事によって強風などでも倒れないように地上部にある茎や幹を支えています。
根に生育に必要な養分や水分、酸素を蓄え、供給する。 
植物が生育し、新たな葉や茎を作ったり花を咲かせたりするためには窒素・リン酸・カリをはじめとする各種の養分や水が必要です。これらは一時に多量に必要なわけではなく、少しずつ毎日必要になります。土には、養分や水を蓄える作用があり、植物は必要に応じてそれらを吸収しています。もし、蓄える作用が無いならば、毎日肥料や水を与えなければならず、植物を栽培することは非常に困難になります。また植物の根は呼吸をしていますが、土は根の呼吸に必要な酸素を与える役割も受け持っています。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


ほ場の日照条件も重要な要因です。光の強さが弱かったり、日照時間が不足すると、作物体が栄養不良となって収量及び品質が低下する原因となります。一般に野菜の多くは、ある程度まで光の強い方を好みますが、種類によっては半日陰など寡日照条件が適するものもあります。強い光を要する野菜としては、ナス科、スイカなどで、やや強い光を必要とするものはウリ科、根菜類、イモ類などです。逆に、弱い光が適するものとして軟弱野菜があります。軟白野菜は暗所で栽培すします。温度不足は、保温や加温によって補うことができますが、補光は難しいのが現状です。







続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
温度変化から根を守る

根は物質以外にも温度にも敏感に反応します。土の中は空気中の温度に対して四季を通じての温度変化も少なく、緩やかに変化するため根も影響を受けずに順応し、植物の根を守る働きもあります。夏や冬に鉢植えの植物を鉢のまま地中に埋めて管理するのは、温度変化を少なくして植物の根を守ったり、鉢土の乾きを防いだりするためです。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜の種類によって栽培が難しいもの比較的簡単なものとがあります。栽培期間が長期間に及ぶものほど栽培管理が難しくなる傾向にあります。
これは、かん水や施肥、間引き、育苗、整枝せん定、受粉、摘果、病害虫防除など各作業が必要となることと、気象の影響などを多く受けるためです。
地下部を利用する野菜の難易度は中程度が多く、種イモを植え付けて栽培する野菜は種イモさえ良質であれば高い生産安定が望めます。また、栽培地域の気象条件に応じた露地での栽培適期なら比較的栽培は容易となるうえに旬の野菜として消費量が多く、栄養価も高くなります。しかし、病害虫が発生しやすく、短期間に出荷量が集中するデメリットもあります。なお、栽培期間を前後に拡大したり、端境期の出荷をねらうと難度は上がります。そこで注意したいのは、野菜の種類によって花芽分化の要因が異なるので、栽培時期に合った種類や品種を選ぶ必要があります。春まきホウレンソウや春穫りキャベツ、早生系タマネギなどは抽台(とう立ち)しやすいので特に注意しましょう。





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
緩衝作用で根を有害物質から守る

植物の根は繊細であり、ちょっとした物質でも影響を受けます。植物の生育に悪影響を与える物質だけでなく、有益な肥料成分でも濃い濃度の肥料が直接根に触れると根が枯れたりすることがあります。土はそれらの傷害をやわらげ、急激なショックが及ばないように根を保護する働きもします。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
利用部分から葉菜、果菜、根葉に大きく分類されます。さらに科としても分類されます。同じ科の野菜を連作、つまり同一の圃場に毎年連続して同一種類の作物を栽培すると、作物によっては収量が次第に低下する場合があり、これを連作障害といいます。原因としては、土壌養分の過不足や不均衡、微量要素の欠乏、その作物特有の病害虫の密度上昇、有害物質(毒素)の集積、土壌反応及び土壌物理性の悪化などです。対策としては、輪作の導入、肥料・土壌改良材の合理的施用、土壌消毒、品種の選定などです。なお、作物によっては連作しても生産力が低下しなかったり、逆に生産性や品質が向上するものもある(サツマイモ、カボチャなど)。また果菜類での接ぎ木や、病害抵抗性品種の利用などによって連作障害をある程度回避できる場合もあります。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
よい土とは、簡単にいうと根の呼吸に必要な酸素を含むための隙間があり、通気性がよいこと、適度に水を含む保水性のあること、養分を含んでいる、または含みやすい保肥力のあることです。





続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
栽培する野菜の種類を選ぶうえでのポイントはいくつかあげられます。例えば、
①鮮度:新鮮さが求められる菜類、抜き菜、果菜類などで、特にスイートコーン、シュンギク、ホウレンソウ、イングンマメ、ブロッコリ、サヤエンドウ、エダマメがあげられる。また、熟度の面でトマト、露地メロンなどがある。
②保存性:適切な保存によって長期間出荷ができ、かつ消費量が多いものとして、サツマイモ、ジャガイモ、サトイモ、タマネギなどがある。
③旬:山菜(ウド、ワラビ、タラノメなど)、ミョウガ、ソラマメなどは季節感を有する。
④地域性・特殊:レンコン、ジネンジョ、フキなどの特産品があたる。

次に、野菜の生産安定の要因として以下の事項があげられ、種類を選定するうえで留意しなければなりません。                       
①同じ科に属する野菜での連作は極力避ける。特にマメ科とナス科は3~4年あける。       
②作付前に土づくりを行う。完熟堆肥をla当たり300kg程度投入する。未熟な堆肥は生育障害の原因となることから用いない(特に根菜類)。苦土石灰等の土壌改良材を1a当たり10~12kg施用し、深く耕す。深耕は根菜類に限らず、根張りが良好になる。
③労力に合わせた作付面積とする。面積の制限要因は収穫及び調製作業であり、労力以上に作付けを行うと収穫適期内での収穫ができない。果菜類やマメ類などでは毎日収穫を要するものが多く、葉菜類などのように一定期間に集中するものがある。なお、収穫期間は早生系品種が短く、晩生は長い傾向にある。
④栽培時期に応じた品種を選定する。各品種に適した日長や温度条件があり、不適であると生育が劣ったり、とうが立ったりする。なお、早期栽培を行う場合は、耐寒性や耐暑性に優れるとともに、高温時では萎黄病や軟腐病などに対する抵抗性品種を用いる。
⑤収穫期間の拡大や、端境期での出荷を行う場合は、ハウスなどの施設や、トンネル(大きさによって大中小がある)やマルチ資材を利用する必要がある。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
よいの条件は、通気性、排水性と保水性を両立させていることです。通気性保水性は、あちらを立てればこちらが立たず、の関係なのです。2つを両立させるには、原土に有機物(腐葉土・ピートモスなど)か人工砂礫(バーミキューライト・パーライトなど)を混ぜ、その物理性を改善することです。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
一つ一つの土の粒はとても細かくて、単粒と呼ばれています。単粒が集まった単粒土は、土粒のすき間が小さいためにすぐ水浸しになり、根詰まり状態になります。
しかし、単粒がくっついて団粒構造になった土は、根にとって理想的な住まいです。団粒の隙間は大きいので空気と水が通りやすく、団粒の表面にも内部にも養分や水分をたっぷりたくわえているので、保水性と保肥力にも富む土になります。普通の土でも団粒土なら根にとってよいのですが、軽石・有機物・人工砂礫などを混入することによって団粒構造に変えることができます。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜を作るには、畑の土の状態をよく知っておくことが大切です。初めに土の酸性度に注意します。土壌酸性値はpH値で表示され、pH4~6を酸性土、pH8~9をアルカリ土といいます。まず、最初に畑を耕すときに、pH値を測る方がいいでしょう。ほとんどの野菜は酸性を嫌い、弱酸性からやや中性(pH6~7)の間が適しています。

簡単な測り方は、適当な量の土をコップに取り、その土の重さの2~3倍の水で溶かし、上澄み液にリトマス紙を浸けることで測定できます。また最近はいろいろなpH測定器も販売されています。野菜作るにあたって土壌のpHは重要ですのでぜひ測定してみてください。


pH測定機器いろいろ(購入可)





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園で野菜を作るたびに土は酸性度が強くなるので、

収穫の後、家庭菜園の畑を耕すときに畑全体に

石灰または苦土石灰を1㎡あたりに200~400gくらいを混ぜ、

よく耕します。



ここで、気をつけることは

家庭菜園に一度にたくさんの石灰を施さないことです。


アルカリ化しすぎになると植物がマグネシウムや鉄分などを吸収しにくくなります。 
 

野菜に肥料をやりすぎると根をいためることもありますので注意しましょう。



わら、刈取った草、枯葉、野菜屑、木屑などで堆肥を作ります。

野菜屑や木屑は、畑の隅などで穴を掘り

少量の堆肥と混ぜ十分に腐らせてから使います。



堆肥を作れない場合は市販の腐葉土や植物性の堆肥で大丈夫です。

大事なのは、堆肥を家庭菜園に入れ深く耕して

土に空気を含ませるように混ぜることで土が団粒化し、

通気性や保水性もよい状態の土が出来ます。






土作りを楽天で検索する
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


土壌酸度とは、

土が酸性かアルカリ性かということで、

pHという単位で表します。



pH7.0以下が酸性、

それ以上がアルカリ性です。


 多くの植物の生育に問題ないのは、

弱酸性から中性の土(pH5.5~7)とされています。


しかし、栽培に使った土や畑土などは、

植物の生育に悪影響を与えるほど

酸性化が進んでいることがあります。



土に含まれる石灰・苦土・カリなどが、

雨などで流れたり、窒素肥料を多く与えると、

家庭菜園の土は酸性化していきます。



逆にアルカリ性が強くなった場合も、

微量要素の欠乏などの障害があらわれます。



家庭菜園に有機物を与えることによって、

酸性化で低下した土の緩衝能や、

微生物の活性を回復させることができます。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
腐葉土は通気性・保水性がよく、

原土の物理性を改善する直接効果があります。



また、分解が進むにつれて、

土の単位をくっつけて団粒化を促進します。


この間接効果は持続的で、

団粒土が水やりなどで単粒化するのを防ぎます。



腐葉土から生まれる腐植は、

土の中に含まれる養分と、

自身が含む微量要素を必要に応じて放出します。

さらに、土の緩衝能も高めます。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
日本の土壌は酸性土壌なので、

一般には土壌改良材を利用して

野菜に適した弱酸性~中性に矯正する必要があります。



土壌酸度(pH)と養分の可結化・不溶化には関連があり、

大部分の養分はpH6~7で水に解けることができます。

これは主として土壌微生物の活動に

好適なpHであることと関係が深いです。



家庭菜園への土壌改良材は作付前2~3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。


家庭菜園での施用量は1a当たり12~14kgを目安としますが、

pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいです。


なお、野菜の種類によって好適pHが

異なりますので注意が必要です。



土壌改良材は作付前2~3週間に散布し、

十分耕しておきましょう。


施用量は1a当たり12~14kgを目安としますが、


pHを測定し、その結果から決定するのが望ましいでしょう。


土壌改良剤いろいろ(購入可)







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園に有機物を投入することによって、

土粒問に適度なすき間ができます。

これが、水分、肥料、空気などの保持に大きな働きをし、

土の透水性、保水性、保肥力、通気性などを良くします。



よく耕すことによって、

土中の細かい粒子が集まって

小さなかたまりを作った”団粒構造”となります。 



また、土壌中の有用な徴生物の活性を促進したり、

多肥による肥あたりを和らげる働きもします。


しかし、未熟な堆肥を家庭菜園に入れることは、

野菜の根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。



完熟堆肥が手に入らない場合は、

あらかじめ未熟堆肥を堆積しておき、

数回切り返して十分腐熟させてから用いましょう。



有機肥料(購入可)





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
土壌を深く耕すことによって、


①根群域の拡大

②水分、養分の保持力の増大

③排水性の良好化


などを図ることができます。

一般のロータリー耕やカルチの他に、

プラウや深耕ロータリー、あるいはトレンチャーなどを

用いて耕土を深くします。


なお、排水不良のほ場では、

暗きょの施工や、サブソイラーによる

心土破砕を行うとよいでしょう。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:家庭菜園術
家庭菜園で野菜作りをこれから始めようとしている方や

定年退職後に農業をかじってみたいが

よくわからずに困っている方などを対象に、

家庭菜園での土作りの方法から肥料の施し方、

野菜の種蒔きや苗の植付けから、

収穫までの育て方や土や水の管理の仕方、

家庭菜園や野菜の育て方の参考になる本、

家庭菜園で便利なガーデニング用品などの

家庭菜園の基本的な情報を提供していきたいと思います。





家庭菜園でたくさんのおいしい野菜が収穫できますように、

少しでもこのブログが皆様の、お役に立てれば幸いです。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。