[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ようやく梅雨が明けました。

今年はちょっと涼しい日が多いかなと思ってましたが、梅雨明けとなるとやっぱり暑い日が続きますね。


うちの家庭菜園ではなすとピーマンが大豊作となっています。

樹も順調に育っているし、実も大きいものから小さいものまでたくさんついています。


基本的にはナスやピーマンは好きなんですけど、最近はナスやピーマンのメニューが多くてちょっと飽きてきた感じです・・・


ちなみに一番すきなのは焼きナスにビールです。


近所のかたにたくさんおすそわけしてます。

ナスやピーマンは喜んでもらえるけど、ゴーヤはたくさん持っていくとちょっと嫌がられるかもしれないですね。





20070728132359.jpg

↑ピーマンたくさんなってます。品種は京みどりです。



なす1

↑ナスも大きく育っています。品種は庄屋大長ナスです。



ナスの樹

↑こちらはちょっと遅くに植えた秋ナスです。秋にいっぱい収穫する予定


収穫作業ってすごく楽しいですね♪
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
逆アクセスランキングを設置してみました。

逆アクセスランキングとは、ご自身のブログ(サイト)へ送られるアクセスのURL元を、
訪問者数によってランキング形式で表示したものです。

逆アクセスランキング

このランキングのタイトル名やURLはそのままリンクになっています。

このランキングを見た人がこのサイト見てみたいな~と思えば、クリックするだけでそのサイトにいけるんです。

ランキング上位のサイトは自然と目立ちますので私もアクセスの恩返しができます。


ランキングの参加方法

逆アクセスランキング2

赤丸で囲んである「このRankingに参加する」をクリックします。

逆アクセスランキング説明1

表示させたいサイト名にあなたのサイトタイトルを入力し、
置き換えたいURLとリンク先URLはあなたのサイトのトップページのURLを入力してください。


説明2


申請したあとは、アクセスを送るためのURLを、あなたのブログへ貼っておきましょう。

承認された時点からあなたの参加のスタートです。


一緒にアクセスアップを図っていきましょう。

ブログ同士の交流も深まるのも楽しみにしています♪
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ニーム

ニームとはインドセンダン(ニームツリー)と呼ばれる樹木で、この種子から抽出されたニームオイルには、害虫防除効果があるとされます。

ニームオイルの原料となるセンダン科の植物インドセンダンは、インドのデカン高原からミャンマーにかけて、さらにアフリカにも分布しています。

南アジアでは古くから、保健薬、衣類の害虫防除、作物の病害虫防除特に貯蔵害虫の防除に利用されています。

インドでは、その葉は寄生虫や皮膚病の治療薬に、樹皮は駆虫薬に、また種子は嘔吐剤や駆虫剤としてなどと、古くから生活に溶け込んだ保健薬となっていました。

石鹸として皮膚病の予防に使われたり、歯磨きにも使われてきました。

中国やタイなどでもセンダン科植物の抽出物が農業用害虫防除に利用され始めています。


ニームの害虫防除効果が世界中に知れ渡ったのは、1959年、東アフリカ大陸スーダンにおける砂漠バッタの被害がきっかけでした。

バッタの大群の発生と移動で作物がほとんど全滅したとき、ニームだけがまったく被害にあわなかったことによります。

これを機に種子や樹皮の有効成分が何であるかの研究が始まり、アザディラクチンとそのほかの多くの関連物質が発見されました。

アザディラクチンの昆虫に対する活性の特徴は食害昆虫に対する摂食やキチン合成の阻害作用が強く生育を阻害することと、昆虫の正常な蛹化や脱皮を狂わせる脱皮変体阻害活性なども示すことです。(要するに虫が寄り付きにくくなるということです)




今ではニームを利用したさまざまな園芸資材が販売されています。


ちなみにうちではニームオイルを愛用しています。

⇒ニームオイル






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
キャベツの種のまき方

用意するもの

キャベツの種子

128穴プラグトレー

培土(うちではタキイ 種まき培土20L(園芸用)を使ってます)

新聞紙など

あればバーミキュライト(なくても大丈夫です)



まず128穴プラグトレーに土をつめます。
20Lの種まき培土でプラグトレー6枚分くらいとれますが、バーミキュライトがない場合は覆土用にすこし培土を残しておきます。

プラグトレーに土をつめたら、水をたっぷりかけます。
水をかけると少し土が沈むのでそこに種をまきます。

キャベツの種はだいたい1mlで128穴プラグトレー1枚分まけます。


種が播き終ったらプラグの開いている部分に土をかぶせます。
バーミキュライトがある場合はバーミキュライトで覆土し、
ない場合はプラグトレーにつめた培度を覆土します。


土をかぶせたら水をたっぷりかけます。


そして乾燥を防ぐために新聞紙をかぶせておきます。
少しでも発芽が確認できたら新聞紙は取り外しましょう。



夏から秋にかけてキャベツの種をまく場合はだいたい3日くらいで発芽します。
3日後には新聞紙は取り外すようにしましょう。
かぶせたままにしておくと徒長して弱弱しい苗になってしまいます。



7月下旬~8月中旬のすごく暑い時期に種をまく場合は昼間に日よけなどをして暑くなりすぎないようしましょう。
芽が出るまでは日陰の涼しいところにおいておいても大丈夫です。



芽が出てからは光をたっぷり当ててやると丈夫なしっかりとした苗になります。
このときも高温や乾燥には注意が必要です。



種をまいてからだいたい30日で定植できるようになります。










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の栄養
野菜の栽培には十分な光の確保と養分が必要です。
葉や果実へ光を十分当てたやるようにすることでメロンやイチゴ、みかんは甘くおいしい果物となり、ビタミンCの量も多くなります。


肥料の管理が品質を大きく左右する野菜のひとつにホウレンソウがあります。ホウレンソウで問題となる硝酸とシュウ酸の量は土壌中の窒素、カリウムの量が多いほど、また、日射量が少ないほど高濃度となります。


土壌の物理的条件はダイコンなどの根菜類の品質に大きな影響を与えます。
土壌中に未熟堆肥や石、土塊があると成長点が二股に別れたりします。
家庭菜園で作っているので自分で食べるようにつくっているのであれば面白い形の野菜が収穫できて楽しいですけどね
販売する場合は商品価値を下げてしまいます。


栽培時期も野菜の品質には欠かせない条件となります。
たとえば、冷涼な気候を好むブロッコリーは夏の温度の高い状態では大きく、かたくしまった花蕾とはなりません。


家庭菜園では旬を楽しむためにも適期適作を心がけましょう。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園の台風対策は済んでいますか? 
天気予報に注意して、台風が来る前に大雨、防風対策をしましょう。



樹木

 台風で折れた枝が飛んだりすると大きな事故につながります。
 台風が近づく前に、混みあった枝は切っておきましょう。そのときにはよく観察して枯れた枝や曲がった枝なども取り除いておきます。
 植えてまもなく、まだ土に根が定着してない木がある場合は添え木や支柱を立ててやりましょう。



鉢とプランター

 鉢やプランターも風で飛ばされないかチェックしましょう。
 ハンギングバスケットや高い棚の上に置いてある鉢はおろしておきます。
倒れやすいものは、2 , 3鉢ずつ、はじめから倒して結び付けておくとよいでしょう。台風が通りすぎたら、すぐ元にもどしておきます。
 ビニール袋などで覆って縛った場合も、忘れないで通過したらすぐはずしましょう。



草花

 庭の背の高い草花などは強風で倒れないように支柱を立ててやりましょう。支柱ごと飛ばされないように、支柱はしっかりと地面に挿します。



 台風の前後はばたばたして植物をよく見てやれなくなりがちです。事前によく観察して、枯れた葉や枯れた草などは片づけておくようにしましょう。
それらが原因で病気になってしまうことがあります。




園芸店やネットショップでは防風用の網が売られています。
防風の効果は、風上側は網の高さの約3倍、風下側は約10倍くらいです。
キッチンガーデンやコンテナが置いてあるスペースを考えて、高さと幅をきめ、風上側に防風網を張ります。
防風網が手に入らないときは、寒冷紗でも代用できます。
網の陰が気になるようでしたら、風が強く吹きそうなときだけ張るように工夫しましょう。
少量のコンテナでは寒冷紗などでコンテナごとすっぽり覆ってしまってもよいでしょう。
ベニヤや波板などは、風の抵抗を強く受けるため防風には不向きです。その点、防風網は適度に風を逃がし、風を弱める効果があります。





台風通過後の処理


風で倒れた野菜苗は、触らずにそのままにしておけば、翌日には元通り立ち上がります。
水分の多い土をいじったり、畑に入って作業したりすると、土を練り固めることになります。
自力で元通りに立ち上がれない野菜類は、ある程度土が乾いてから作業に取りかかりましょう。
ナスの実は、葉がこすれただけでも茶色い擦り傷ができ、汚い果実になりますが、味は変わりません。
もし気になるようでしたら傷のひどいものだけ、切り取ってしまいましょう。
折れた枝はハサミで切り戻します。ひどく傷ついた葉や実は取り除いてあげましょう。
台風は大量の雨をもたらします。対策としては、あらかじめ排水溝を深めにしたり、畝を高めにしたりします。
台風が去ってからも、畑に水が溜まっているようなら急いで排水してください。
長く水に浸かると枯れてしまう野菜もあります。雨対策は台風だけでなく、秋の長雨にも有効です。


コンテナに植えた野菜は、株全体に水をかけ、泥などのよごれを洗い流します。
植物の病気は、糸状菌(カビ)によって起こるものがほとんどです。
土の中にいる病原菌が雨によって跳ねあがり、葉や茎に付着して病気が発生することが多いのです。
また、細菌による病気は傷口から侵入します。
そこで、台風によって葉や茎に着いた泥や汚れを洗い流すのです。
また海に近いところでは、潮風で塩害を受けるときがあります。
台風の通過とともに、よく水をかけて、塩を流してあげましょう。



農家では台風の通りすぎたあとは必ず消毒をしますが、家庭菜園では少しぐらい病気が発生しても農薬の使用はさけたいものですね。





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の栄養
【旬】の野菜はおいしく、栄養価も高い



ナスやトマト、キャベツなど、多くのたくさんの野菜は周年栽培されていて、今では、本来の収穫期である【旬】を感じることが少なくなってきています。
旬の野菜はほかの時期栽培したものに比べて栄養価が高く、食味も良いのです。



たとえば、冬が旬であるホウレンソウのビタミンCの量は、冬には100g当たり60mgあるのに対して、夏はその1/3程度の100g中25mgとなってしまいます。



また、糖分も温度が低い時期は2%以上あるのに対して、暑い時期は0.2%と極端に低下してしまいます。



ホウレンソウは温度の低い冬のほうが甘みがあっておいしいのです。




家庭菜園での野菜つくりをとおして、あらためて野菜の旬を感じることができるといいですね。

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
アクセスカウンターを設置してみました。

ブログ開設してからかなり経ってるけど・・・

たくさんの人が見にきてくれるとうれしいな。



まだまだ相互リンク募集中です。

よろしくお願いします。

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
「植物は土で育て、足らないものは肥料で補う」という感覚が大切です。

よい土壌とは・・・・・

水もち、水はけ、通気性、保肥力のある土壌です。
豊富にミネラル分を含んでいる土壌です。
良い微生物が繁殖している土壌です。


【固層40%、気層30%、液層30%がベストバランス】



良い土壌をつくるには・・・・・
 良質の堆肥と良質の粘土を入れることです。
   ↓     ↓
物理面を改善  化学面を改善
    
      ↓
      ↓
   微生物面を改善
      ↓
      ↓
発根をスムーズにし、生育が良くなります。




 
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。