[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園の害虫防除<早期発見、早期駆除>


家庭菜園で野菜をよく見たら、いつのまにか葉と葉との間に

無数のアブラムシやコナジラミがいたり、

葉をアオムシに食べられていたなんてことはよくあります。



続きを読む »

スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ブルーミングスケープ

ガーデニング・観葉植物を楽しむならココがおすすめ♪



生活彩館

ココロ躍る♪ガーデニンググッズであなたのお庭を素敵に彩ります。



「zouka.com」 - 光触媒造花&人工観葉植物

家族を有害物質・ハウスダストから守る光触媒グリーン 光触媒アートフラワー



DIYで住まい&庭づくり!住環境の卸屋さん【住まいる通販】

住環境商品の専門店です。砂利、枕木、レンガ、園芸用土などのガーデニング資材や、ウッドデッキ、木製物置など庭やベランダのDIY資材や、業務用・家庭用の大型ゴミ箱、分別ゴミ箱、プランターなどの環境エクステリア商品、介護用品を販売しておりますので、皆様の快適な住環境づくりにお役立て下さい。



ガーデニングショップ・アグレ

ガーデニング、始めてみませんか?
届いた日からはじめられるお得な「栽培セット」発売中!



ガーデニング・DIYのリーベ

日本最大級のウッドデッキの専門店 世界各国より選りすぐりの物だけを集めました。
直輸入だから出来る格安価格! 通販にて日本全国お届け可能!



環境・身体・心にやさしいアイテムのセレクトショップ♪ やさしさON-LINE

あなたの暮らしにやさしさをお届けします♪



国華園

球根・花木・果樹・種子・宿根草などの植物から、ラティス・テラコッタなどの園芸資材など、日本国内はもとよりアメリカ・オランダ・イタリア・中国など世界中を股に掛ける園芸総合会社です。








野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
<寒冷紗を利用する>

家庭菜園の害虫の予防で特に有効なのが寒冷紗を使って野菜を覆う方法です。

寒冷紗は寒季の保温のために使われるものですが、

害虫の予防にもよいのです。


その理由は害虫の多くはアオムシのようなチョウの幼虫かアブラムシですが、

チョウが家庭菜園を ヒラヒラと飛んでいるのはキャベツなどの野菜に卵を産卵するためです。

春も温かくなると産卵された卵は幼虫になり、

野菜の葉を食べ始めます。


寒冷紗を使って野菜を覆っておくとチョウやアブラムシは

産卵ができなくなるのです。


寒冷紗は苗や種を植える時点から覆っておいた方が安全です。


野菜では特に葉菜類に適しており、

ハクサイ、ホウレンソウ、ダイコン、レタス、キャベツ、

ブロッコリー、カリフラワー、チンゲンサイの栽培に利用できます。


寒冷紗 ガーデニング&家庭菜園術のショッピング
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園の害虫防除

<土の中の害虫を駆除する>



家庭菜園の畑でもプランタでも野菜を植える前に土を耕しますが、

この土を耕すときに土の中にいる害虫を取り除きます。

特に寒い季節に行うと害虫の駆除するだけでなく土の殺菌にもなります。

土の中にいる害虫はヨトウムシ、ネキリムシ、コガネムシの幼虫などです。

これをやらないと野菜が大きくなってからこれらの害虫の被害を受けることになります。




とくにヨトウムシは日中、土の中に隠れていて夜になると動き出すので、

発見するのが難しい虫です。

葉に被害があっても 害虫の姿が見えないときは

野菜の周りの土を掘り起こして見ましょう。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園での色々な防虫対策

野菜の自給自足を目的に家庭菜園をやるのであれば、

少し穴のあいた葉っぱや少し変形したキュウリやナス、ニンジンでも

無農薬で育てた安全かつ新鮮で美味しい野菜が食べられます。

健康な野菜はよく肥えた土で作られ、沃土は有機質を多く与える事によって作られます。

土作りは無農薬栽培の出発点です。


健康な人が病気を寄せ付けないように、

野菜も病気や害虫の被害を受けない丈夫な体に育てあげればいいのですが、

家庭菜園で野菜づくりを始めると必ずと言っていいほど悩まされるのが、

温度管理のむずかしさや害虫被害です。


せっかく家庭菜園に野菜を植えたのに、

虫に食べられてほとんど収穫できなかったという人も少なくありません。

せっかく家庭菜園で育てた苦労を水の泡にしないためにも、

対策をしっかりすることが大切です。



家庭菜園での病気や害虫対策は、菜園の広さにもよりますが、

常に菜園の見回り観察、天敵利用、人畜無害の農業資材の使用で

十分対応できると思います。



物を使っての家庭菜園の防虫対策


CD・・・CDの銀色反射力を利用して、光の嫌いな虫や鳥を防ぐ。

銀テープ・・・光の嫌いな虫や鳥を防ぎますが、部分的ではなく直線的に使用する。

割り箸・・・種をまいた時に割り箸等をさしておくと、防鳥対策になる。

ネット・・・目が粗いのは防鳥対策、目が細かいと防虫対策になる。



農薬じゃない薬を使って家庭菜園の防虫対策


牛乳・・・天気の良い午前中に、アブラムシにスプレーすると牛乳が膜を張り窒息死する。

木搾酢・・・水で薄めて散布すると虫除け効果がある。

ニンニク+唐辛子+木搾酢・・・木搾酢にニンニクと唐辛子を漬けておく。
     それを水で薄めて散布すると単体で使うより虫が寄りにくくなる。

タバコ液・・・タバコを吸う人向けですが、灰皿に少し水を入れて使用すると、灰や捨てたりタバコがたまります。その水を取り出し水でさらに薄めて散布すると虫除けになります。またタバコの煙でも虫をやっつけることもできます。ただし、タバコは人間にも決して有益な物ではないので、あまりおすすめはしません。


あとニームには虫を寄せ付けない効果があります。
ニームの記事はこちら


市販されている忌避剤


あなたの家庭菜園でおいしい野菜が収穫できますように^^
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
アブラナ科の野菜にはモンシロチョウ、コナガ、アブラムシなど、

たくさんの害虫がつきますが、家庭菜園でキャベツやハクサイを植えたり、

ダイコンの種まきをするこの季節に最も注意しなければいけないのは、

通称「シンクイムシ」と呼ばれているハイマダラノメイガという虫です。

昔からいる害虫で、これまではあまり問題になっていなかったのですが、

最近は発生が多く、キャベツやダイコンなどの産地で大きな被害が出ました。

家庭菜園での野菜つくりでも注意が必要です。

       ハイマダラノメイガ



今まであまり重視すべき害虫ではなかったこの虫を、

なぜそんなに警戒しなくてはならないかというと、

キャベツやブロッコリー、ダイコンの株がまだ小さいときに、

幼虫が生長点付近の葉を加害し、

いわゆる「芯止まり」の被害をもたらすからです。



キャベツでは正常に生育できず、わき芽に小さな結球がいくつも出来てしまい、

営利用で栽培している農家では商品価値がなくなってしまいます。

ダイコンでも正常に生育できなくなり、ひどい時は枯れてしまいます。

せっかくたくさん種をまいても、油断しているとほとんど

この虫にやられてしまい、全面まき直ししなくてはいけなくなる場合もあります。



他の害虫はある程度発生してからでも対策がとれますが、

このシンクイムシは、気が付いたときには手遅れであり、

そのため、非常に警戒されています。


ハイマダラノメイガ2




 果樹や野菜でいわゆる「シンクイムシ」と呼ばれている

害虫はたくさんいますが、全般にたちの悪い被害をもたらすものが多いのです。

このような壊滅的被害をもたらす害虫には予防的な対策を講じる必要があります。


シンクイムシの場合は、大面積で栽培するキャベツやハクサイ、

ダイコンでは粒剤等の農薬の利用もやむを得ませんが、

コマツナなどの軟弱野菜や家庭菜園では防虫ネットが効果的です。



防虫ネット 家庭菜園術のショッピング





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
タマネギ栽培



タマネギの原産地は中央アジア。地中海沿岸ともいわれます。

タマネギは古代エジプトで栽培され、ギリシャでは紀元前10世紀、

ローマでは紀元前5世紀に栽培されていました。


旧約聖書や千夜一夜物語にもタマネギを食べたり精力剤にする話がいくつか出てきます。

ただしヨーロッパ一帯に広まったのは、16世紀からです。

タマネギが日本に入ってきたのは明治時代になってからです。



タマネギには独特の辛味と香りが疲れや不眠症に

効果があると言われています。



タマネギの主成分の硫化アリルは水に溶けやすく、

熱が加わると甘味成分に変化してしまいます。

この成分を残して調理するためには、

タマネギをきざんで1時間以上放置してから調理するのがよいそうです。

硫化アリルはビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。

米食中心でビタミンB1の不足しがちが日本人には、

タマネギは欠かせない野菜といえます。



たまねぎはニンニクやラッキョウなどの仲間です。

ニンニクの匂いが苦手の人はタマネギで代用するのもよいでしょう。



タマネギは暑さに弱いので、家庭菜園では秋涼しくなってから種をまくのがよいでしょう。



野菜名
科名
原産地
タマネギ
ユリ科
中央アジア
学名
英名
和名
Allium cepa
onion
玉葱
種まき時期
定植時期
収穫時期
9月中旬
10月下旬~
11月下旬
3月~5月
種子の光反応
土壌適応性
暗発芽種子
土質の適応性は広いが、土壌水分に富む粘質土壌でよく生育し、乾きやすくて軽い火山灰土壌での生育はよくない。
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
4℃
15~25℃
33℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
5℃
15~25℃
28℃
うね幅
条数
株間
60cm
2
10cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
20000~30000本
4~6dl
2500


タマネギの品種いろいろ







⇒野菜作りの秘訣


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
カブ

かぶはアフガニスタンあたりか、これに地中海沿岸の南ヨーロッパを加えた地域が原産地と言われています。

ヨーロッパで紀元前から栽培され、今では世界中の温帯地方で広く栽培されています。



日本には、弥生時代に大陸から伝わったといわれています。

確かなのは「日本書紀」に持統天皇の7年(西暦693年)に

五穀(主食)を補う作物として栽培を奨励するおふれを出したと

記されているのが最初です。

日本では、このように古くから土着して多くの地方品種が成立し、

世界的にみても品種発達の重要な中心地となっています。



長野県の野沢温泉を中心に信越地方で栽培されている野沢菜は、実はかぶの一種です。

200年ほど前、野沢村の健命寺の住職が天王寺かぶの種を持ち帰って、

畑にまいたのがはじまりといわれています。



春の七草に数えられている「すずな」はかぶのことです。

「すずしろ」はだいこんです。

よく並んで語られ、だいこんに似ていることから、

その仲間と思われがちですが、

かぶは同じアブラナ科でもはくさい、こまつななどと祖先を共にする野菜です。



主に根を食用とします。

聖護院かぶらは、薄く切って糠漬け、千枚漬け、酸茎などの漬物などに加工されます。



日本全国で約80種あり、大阪の天王寺かぶ、

京都の聖護院かぶなど地名がついています。

大きさで大かぶ、中かぶ、小かぶ。色から白かぶ、赤かぶに分類されます。

昔は、根よりも葉が重視されておりました。




根と葉の栄養成分は大きく違い、根は淡色野菜でビタミンCを多く含み、

胸やけや食べ過ぎに整腸効果のある、アミラーゼが含まれます。

葉は緑葉色野菜で、カロチン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、

食物繊維などを含んでおり、ガン予防などの効果があります。




野菜名
科名
原産地
カブ
アブラナ科
地中海沿岸地域
学名
英名
和名
Brassica rapa
Turnip
蕪 かぶら 
かぶらな すずな
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬~
 9月下旬
 
10月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
土壌適応性は広い
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
8℃
15~20℃
30℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
10℃
15~20℃
25℃
うね幅
条数
株間
  
15~30cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
40000~50000
0.6~1ℓ
4000~8000



          カブの品種いろいろ








⇒野菜作りの秘訣


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
シュンギク栽培


キクは秋に花を咲かせますが、シュンギクは春に美しい花を咲かせることから、

この名前がついたといわれています。

春菊は日本には室町時代に中国を経て渡来し、きく特有の香りが好まれました。

葉の大きさで、大葉、中葉、小葉の3種類に大別できますが、

現在は中国地方以西では大葉の春菊、関東と関西では中葉の春菊が市場の中心です。

小葉の春菊は今はほとんど栽培されていません。


春菊は独特の香りと苦みがあり、ビタミンや鉄分、カロチンなどを多く含む緑黄色野菜です。

春菊はすき焼き・ふぐ鍋など鍋料理の具材に使われるほか、おひたしや和え物など和食によく使われています。

天麩羅のネタとしても春菊は好まれ、「春菊天」は立ち食いそば・うどん店では定番メニューのひとつです。

春菊の旬は11月から3月です。


春菊のカロテンの含有量は、ほうれんそうやこまつなより上です。

春菊にはビタミンB2、C、カルシウム、カリウム、鉄分も多く、独特の香り成分は咳どめにも効果があります。

最近は、あくの少ないサラダ用の春菊も出回っています。



春菊栽培は比較的簡単でほぼ一年中収穫できますが、

家庭菜園では栽培しやすく質の良い、秋まきの春菊栽培がおすすめです。

自家製シュンギクで鍋を楽しみましょう!


野菜名
科名
原産地
シュンギク
キク科
地中海沿岸地域
学名
英名
和名
Chrysanthemum coronarium
Garland
Chrysanthemum
春菊
種まき時期
定植時期
収穫時期
9月下旬~
10月下旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
土壌への適応性は広いが、
酸性土壌はあまり好まず生育が悪くなる
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
0~4℃
15~20℃
30℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
 
15~20℃
 
うね幅
条数
株間
120~150cm
5~6
10㎝
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
80000~100000本
3~5L
4000~6000粒


シュンギクの種子



⇒野菜作りの秘訣








野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ダイコン

古代エジプトで栽培されていたというだいこんは、中国を経て渡来しました。

そのころ、保存食として漬物や切り干しなどの加工も行われ、

庶民の食生活に欠かせない地位を築きました。

ダイコン(大根)はアブラナ科の野菜です。

主として肥大した根、茎、胚軸を食用とするほか、種子から油が採れ、土壌改良にも利用されます。

形状や色も多様で、皮の色は主に白です(ハツカダイコンは赤など、白でないものも多い)。

日本では弥生時代には伝わり、在来種と中国ダイコンの交雑で栽培品種が成立しました。

江戸時代には関東の江戸近郊である板橋・練馬・浦和・三浦半島あたりが特産地となり、その中で練馬大根は特に有名です。

抜群の消化力を持ち、根は消化酸素(アミラーゼ)とビタミンが豊富で、

ビタミンCは内側よりも皮に近い部分に多く含まれています。


葉にはカロチンやビタミンC、カルシュウムが豊富に含まれています。

もみじおろし(大根と人参)は、人参に含まれるビタミンC酸化酵素が

大根のビタミンCを破壊しますが、食欲増進の効果があります。


野菜名
科名
原産地
ダイコン
アブラナ科
地中海地方
中央アジア
学名
英名
和名
Rapbanus sativus
radish
大根
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬~
9月中旬
 
10月下旬~
種子の光反応
土壌適応性
暗発芽種子
軽い沖積砂壌土や火山灰土がよい
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
4℃
15~30℃
35℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
0℃
17~20℃
25℃
うね幅
条数
株間
60cm
1
24~27cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
6000~7000本
0.8~1ℓ
900
花芽分化
一般には発芽当初の幼苗期に2~5℃の低温に
15~20日間遭遇するともっとも花芽分化しやすい。
品種によってかなり差がある。


ダイコンの品種いろいろ



⇒野菜作りの秘訣



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
チンゲンサイ

チンゲンサイは中国語で青梗葉と書き、茎の青い葉という意味です。

チンゲンサイはハクサイやカブと同じアブラナ科の植物で、

これらの原産地は地中海性沿岸のトルコからバルカン半島の高原で、

中国に渡ってから様々な栽培種に分化しました。


日本には昭和47年の日中国交回復のころに入ってきたといわれています。

当初はいろいろな名前で呼ばれていましたが、名称の統一がなされ、

葉柄が帯緑色のものをチンゲンサイ、白色のものをパクチョイと定められました。


葉は緑色、肉厚な軸の部分は淡緑色をしており、

やわらかく歯切れが良いです。

アクが無く、煮崩れないため、炒め物のほかに、スープや煮込み料理によく用いられます。

主な栄養素はビタミンA、ビタミンC、ベータカロチン、

カルシウム、カリウム、鉄分、食物繊維です。


日本国内での主産地は、静岡県、長野県、埼玉県などです。

家庭菜園でも栽培でき、露地栽培、プランター栽培が適しています。


野菜名
科名
原産地
チンゲンサイ
アブラナ科
地中海沿岸地域
学名
英名
和名
Brassica rapa var. chinensis
Qing geng cai
体菜(タイサイ
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月中旬~
9月下旬
 
10月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
土壌適応性は広く、日当たりのよく、
排水のよい肥沃な畑がよい
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
10℃
20~25℃
35℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
2~3℃
15~25℃
30℃
うね幅
条数
株間
100~120
4~6
10~20cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
20000~30000本
6~8dl
4000~5000粒



チンゲンサイの品種いろいろ








⇒野菜作りの秘訣



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
カリフラワー

カリフラワーはブロッコリーとともに、

東地中海沿岸の島々に分布する不結球の野生キャベツがルーツです。

日本には明治に渡来し、ブロッコリーより先に普及しました。



くせのない淡白な味、さっくりした歯ざわりで、

「はなやさい」ともいわれるので食用にしているのは花と思いがちですが、

茎の頂きに1つだけつける花蕾とよばれるつぼみの集まりを食べているのです。



”スノークラウン”、”新雪”などの品種名からもわかるように、

花蕾の色は白がほとんどです。黄や黒のしみがなく、しまったものが良品です。


日本では白色のものが主体ですが、紫色やだいだい色もあります。

最近、ブロッコリーの人気に押されて生産量が最盛期の半分ほどに下降していますが、

ゆでた後のビタミンC損失率がブロッコリーに比べて低いのが特徴です。

ゆでてサラダにしたり、スープやグラタンなど温かい料理に向いています。




 
野菜名
科名
原産地
カリフラワー
アブラナ科
ヨーロッパ
地中海沿岸地域
学名
英名
和名
Brassica oleracea var. botrytis
cauliflower
花椰菜
種まき時期
定植時期
収穫時期
7月下旬~
9月上旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
好光性種子
有機質に富んだ適湿地
発芽温度
最低温度
最適温度
最高温度
5℃
15~25℃
35℃
生育温度
最低温度
最適温度
最高温度
5℃
18~20℃
25℃
うね幅
条数
株間
80~100cm
1
30~40cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
3000~4000本
60~80ml
3500~4500


カリフラワーの品種いろいろ








⇒野菜作りの秘訣



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ホウレンソウ


ほうれんそうの原産地はコーカサスからイランにかけての西アジアで、

江戸時代初期に渡来し、唐菜、赤根菜と呼ばれて各地に広まりました。

ホウレンソウの根の部分の赤みが強い東洋種、葉の切れ込みが少ない西洋種があります。

ホウレンソウは栄養価が高く、特にカロチン、ビタミンC、鉄を豊富に含んでいるので

緑黄色野菜の代表的存在です。

ホウレンソウの根の赤い部分には、骨の形成にかかわるマンガンが多く含んでいるので

捨てないで下さい。


最近はホウレンソウの東洋種と西洋種の一代雑種がつくられて

一年中栽培されるようになり、

調理の用途が広がりましたが、

ホウレンソウの旬である秋冬どり栽培は、

1年でもっとも作りやすい作型です。



ホウレンソウの土壌への適応性は比較的広く、

それほど土の種類は選びませんが、

耕土が深く、排水の良い肥沃な土地が最適です。

また、ホウレンソウは酸性の土を嫌いますので、

石灰により中和させてから栽培します。

土の酸性がひどくなると、ホウレンソウは本葉がでるかでないうちに赤く枯れて、

引抜いてみると、根の伸びが1~2cmぐらいで止まっています。

また、ホウレンソウの根の活力が弱くなり、葉が黄色になって、

いくら施肥してもホウレンソウの生育が回復してこなくなります。


特に、雑草のスギナが生えている畑 は酸性が強いので注意しましょう。




野菜名
科名
原産地
ホウレンソウ
アカザ科
西アジア
コーカサス地方
学名
英名
和名
Spinacia oleracea
spinach
菠薐草、法蓮草
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬~
10月下旬
 
10月~
土壌適応性
土壌適応性は比較的広い
酸性土壌にとても弱い
pH5.2以下ではほとんど育たない
発芽温度
最低温度
発芽適温
最高温度
4℃
15~22℃
35℃
生育温度
最低温度
生育適温
最高温度
4℃
10~20℃
25℃
うね幅
条数
株間
110~140cm
4~6
4~6cm
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
1dl当たりの
種子粒数
70000~
150000
丸種 4000~6000
針種 2500~4000
丸種 6~8L
針種 10~15L
花芽分化
花芽の形成は低温・長日で誘起する。 
東洋種は日長に敏感で、とう立ちが早い。 
西洋種は日長に鈍感でとう立ちが遅い。


ほうれんそうの品種いろいろ







⇒野菜作りの秘訣



野菜の栽培特性記事一覧
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。