[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

同じ場所に同じ野菜をつくると連作障害が発生しやすいということで

他の野菜を植えれば大丈夫と考えがちです。

しかし、カブやブロッコリーのように別の野菜ですが、

科ごとに分類するとアブラナ科となり、

同じ分類でネコブ病になったりするので、注意が必要です。

トマト、ピーマン、ジャガイモはナスと同じナス科ですので

こちらも注意が必要です。


野菜の分類


アオイ科…オクラ

アカザ科…ホウレンソウ、オカヒジキ、フダンソウ

アブラナ科…キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、小松菜、キョウナ、チンゲンサイ、大根など

イネ科…とうもろこしなど

ウリ科…きゅうり、かぼちゃ、スイカ、メロン、ゴーヤ(ニガウリ)など

キク科…レタス、春菊、ゴボウなど

サトイモ科…里芋

シソ科…シソ、セージ、ミントなど

シナノキ科…モロヘイヤ

セリ科…ニンジン、セロリ、パセリ、アシタバなど

ナス科…ナス、トマト、ピーマン、じゃがいもなど

バラ科…イチゴなど

ヒルガオ科…サツマイモ、エンツァイなど

マメ科…枝豆、サヤインゲン、サヤエンドウなど

ユリ科…ネギ、タマネギ、ワケギ、ニラ、アスパラガスなど





■ 連作障害がでにくい野菜

サツマイモ、カボチャ、小松菜、タマネギなど






■ 連作障害がでやすい野菜

エンドウ、スイカ、メロン、ナス、トマト、キュウリ、ゴボウ、サトイモ、白菜など





野菜の「科」を知っておくことは

家庭菜園での作業や栽培管理をするうえで有効です。

家庭菜園でこれから栽培しようとしている野菜が

どの科なのか?

どの仲間なのか?

をきちんと把握して栽培計画を立てましょう。


スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトやナス、ジャガイモなどを同じ場所で続けて栽培すると、

生育が極端に悪くなったり、枯れてしまいます。

この現象を連作障害といいます。


連作障害の原因には、

前に作った野菜に寄生していた病害虫が土の中に残り、

次に植えられた同じ種類の野菜を害する場合、

前作の野菜の根から分泌された特殊な成分が土の中に残り、

それが次に植える野菜に悪い影響を与える場合、

また、土中の肥料成分が極端に不均衡になっている場合など、

いろいろな条件があります。


同じ場所に同じ野菜をつくると連作障害が発生しやすいということで

他の野菜を植えれば大丈夫と考えがちです。

しかし、カブやブロッコリーのように別の野菜ですが、

科ごとに分類するとアブラナ科となり、

同じ分類でネコブ病になったりするので、注意が必要です。

トマト、ピーマン、ジャガイモはナスと同じナス科ですので

こちらも注意が必要です。





野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
ナス科

植物は大きくいくつかの「科」に分類されます。

野菜はナス科、アブラナ科、ウリ科などが多くあり、

「科」によって特性が似ていたり、

かかりやすい病害虫が共通しています。



ナスはもちろんナス科です。

ナス科の野菜は他にもトマト、ピーマン、ジャガイモがあります。

ナスはインド原産で、強い太陽光と高温を好む野菜です。

一年中暑い熱帯では、季節を選ばず花をつけます。

ナス科植物は一定の葉の数ごとに花を咲かせ、

実をつける性質を備えています。



日本のように四季のあるようなところでは

暑い時期に実がなるようなタイミングで、

苗を作り、樹を大きく育てなければ、うまく実がつきません。

日本で春に植え付ける野菜にナス科野菜が多いのはこのためです。




また、ナス科野菜の共通の病気に

青枯病という土壌伝染性病害があります。

収穫目前にして、急激にしおれ、枯れてしまう厄介な病気です。

いったん青枯病が発生すると、

しばらくその土では、ナスはもちろんナス科野菜も作れません。




ジャガイモもナス科なの?というかたは結構多いです。

だからジャガイモの作った後には

ナスやピーマン、トマトは作らないようにしましょう。




このように「科」を知っておくことは

家庭菜園での作業や栽培管理をするうえで有効です。

家庭菜園でこれから栽培しようとしている野菜が

どの科なのか?

どの仲間なのか?

をきちんと把握して栽培計画を立てましょう。



トマトの栽培特性について

ナスの栽培特性について

ジャガイモの栽培特性について

ピーマンの栽培特性について
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトを使い方で分類すると

生食用トマト、

ジュース用トマト、

クッキングトマト(加熱調理用トマト)

に分けられます。




○生食用トマト

生食用トマトは果実の大きさでさらに3つに分けられます。


大玉トマト

日本で最も多く栽培され流通しています。

大きさはテニスボール大くらいです。

大玉トマトのほとんどは皮が透明の品種で、

見た目は桃色に見えます。

赤い色素のリコピンが少ない品種が多く、

果肉の色も薄赤からピンク色のものが多いです。




ミディトマト

球形でゴルフボール大くらいの大きさです。

ミディトマトには房ごと収穫する品種もあります。

また、大玉トマト品種と比べて、

リコピン含有量の多い品種も多数あります。




ミニトマト

ピンポン玉よりも小さいくらいの大きさです。

ミニトマトは皮がややかためですが、

糖度が高く、味の濃いものが多くあります。

赤くて丸いトマト以外にも、

プラム型のトマト、黄色のトマト、

オレンジ色のトマトがあります。




○クッキングトマト(加熱調理用トマト)

イタリア料理のブームや家庭でも

トマトを調理する機会が増えたことによって、

開発されてきたトマトです。

果肉が硬いため、トマトの樹の上で赤く完熟するまでおいておけます。

煮くずれせず、加熱した後でも鮮やかな赤みが残り、風味も豊かです。


○ジュース用トマト

ジュースやピューレにする加工用トマトです。

主に栽培されているのはトマトジュース会社が

独自に育成したトマト品種が多いです。

生食用の大玉トマトと比べると、リコピンの量が多く、鮮やかな赤色のトマトが多くあります。

青果として出回ることはほとんどなく、種や苗も入手しにくいです。




トマトの栽培特性について


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトを色で分けると、

生食用のピンク系トマトと

ジュース用加熱調理用の赤系トマトの

2つに分類されます。



続きを読む »

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

尺貫法

 田んぼや畑の面積を表すときに、

 日本で最も使われているのは、
 
 尺貫法による表記だと思います。



 もちろん公的な文章なら、メートル法表記でしょうが、

 農民同士の会話では、今でも尺貫法の面積単位が使われています。

 尺貫法の面積単位とは「畝」「反」「町」など。



 10畝(せ)が、1反(たん)

 10反(たん)が、1町(ちょう)です。



 つまり 100畝=10反=1町 です。

 では、1反は、どのくらいの面積か?

 1反は、約991平方メートル。といっても、ピンときませんよね。




 もっとわかりやすく例えてみましょう。

 ★ちょっと広めの一戸建ての敷地面積は3畝(0.3反)

 ★サッカーコートは、5反
 
 ★東京ドームのグラウンド面積は、1町3反(13反)

 1反の大きさが想像できたでしょうか?






 もう一つ尺貫法の重要な単位として、「坪(つぼ)」が、あります。

 これは、身近な単位ですよね。敷地面積○○坪、とか、よく使います。



 坪と反の関係は、300坪=1反。

 ということは 30坪=1畝 3000坪=1町 になります。




「反」と「a」の関係


大きい肥料袋などには10aあたり4袋など表記してあることがあります。

10aはメートル法に直すと1000㎡、1aは100㎡です。

1畝は99㎡、1反は991㎡ですので、1aと1畝、10aと1反はほぼ同じくらいの面積になります。

実際農家では、10a=1反で使っていることが多いです。


それぞれの単位を平方メートルで表すと

 1坪=3.3㎡

 1畝=99㎡

 1a=100㎡

 1反=991㎡

 10a=1000㎡

 1町=9917㎡

となります。


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります


農業や家庭菜園に関する話を聞いたり、

本を読んでいると、いろいろな面積の単位が出てきます。



 例えば、

 「1畝あれば、家庭菜園には十分です」

 「私は、500坪のハウスを建てました」

 「キャベツを60a、露地栽培しています」

 「俺の田んぼは、1町6反あるよ」

 「このジャガイモ畑は、東京ドーム6個分の広さです」

 「私の牧場は、2000エーカーです」



 あなたはこれを読んで、どれくらいの広さか想像つきますか?





 「500坪」なら想像できるかもしれませんが、

 「1町6反」なんていうのは、難しいと思います。

 ましてや、「2000エーカー」と聞いて、面積がパッと

 頭に浮かぶ人は、あまりいないのではないでしょうか。




 この会話に出てくる

 「畝(せ)」

 「a(アール)」

 「坪(つぼ)」

 「町(ちょう)」

 「反(たん)」

 「東京ドーム」

 「エーカー」


 全部、面積の単位です。(東京ドームは単位でないかも・・・)




 しかし、統一性のない、ばらばらの単位です。

 どれが、どのくらい広いのか、わかりにくいですね。

 ためしに、一番基本的な面積の単位「平方メートル(㎡)」で

 上の会話を書き直してみましょう。



 すると、こうなります。

 「99㎡あれば、家庭菜園には十分です」

 「僕は、1650㎡のハウスを建てました」

 「キャベツを6000㎡、露地栽培しています」

 「俺の田んぼは、15867㎡あるよ」

 「私の牧場は、8128000㎡です」



 つまり

 1畝=99㎡

 500坪=1650㎡

 60アール=6000㎡

 1町6反=15867㎡

 東京ドーム6個分=78000㎡

 2000エーカー=8128000㎡


 大小の比較が、一目でわかりますね。




1単位当たりで考えると


1畝=99㎡

1坪=3.3㎡

1a =100㎡

1反=991㎡

1町=9917㎡

東京ドーム1個分=13000㎡

1エーカー=4046㎡

になります。



野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
タケノコハクサイ    アブラナ科

タケノコハクサイは白菜の一種で

中国ではシャオツァイ(紹菜)と呼ばれています。


タケノコハクサイ




タケノコハクサイは日本の白菜に比べて、

細長く、草丈は高くなります。


結球部が長円筒形をしていて

タケノコの形に似ていることから

このタケノコハクサイという

名前で呼ばれています。





日本にはだいぶ前から入っていますが、

なかなか普及してきませんでした。


しかし最近は料理法がいろいろでてきたり、

おもしろい形が注目されてきています。


アメリカにも古くからタケノコハクサイがあり、

主に中国系の人が使っています。




タケノコハクサイは草丈が50~60センチくらいになり、

かたくよく結球します。




タケノコハクサイの栄養的には、

カロチン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどが

含まれています。



タケノコハクサイを漬物にすると

甘みやぬめりがあってうまみがあります。



タケノコハクサイの繊維は少しかたいのですが、

そのためにうま煮や油いためにすると

形が崩れずコクのあるよい味が出ます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。