[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
オクラの幼果の収穫が始まるころ、

株元からわき芽が出て枝分かれすることがあります。

オクラのわき芽をそのままにしておくと

オクラの主茎の伸びが抑えられ、

収穫できるオクラの幼果が少なくなります。

発生してくるオクラのわき芽は早めに摘み取りましょう。





オクラの収穫が進んでくると、

下葉が株元の風通しを悪くしたり、

養分の浪費をすることにもなります。

収穫できるオクラの幼果の下の葉4~5枚残し、

それより下の葉は摘み取ります。





収穫するオクラの幼果の大きさは

品種によって7~10cmになったら収穫します。

収穫が1日でも遅れると

オクラの果実が大きくなって、

繊維が強くなり硬くなってしまいます。

また小さめのオクラの果実を収穫したほうが

数多く収穫できます。
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
オクラの種まき


オクラは種の皮がとても硬く、水を吸収しにくいので、

一晩水に浸した後、水切りしてからオクラの種をまきます。

オクラは寒さに強くないので露地に種をまくのは5月以降になります。

トンネルをかけて保温すると、早めに種まきができます。

家庭菜園でオクラを植える場所は日当たりの良い場所を選びます。





オクラの間引き


オクラの子葉が開ききったころ、

発芽の送れたものや子葉が極端に変形したオクラの株を

間引いて、1ヶ所3株にします。



オクラの本葉2枚のころ、2度目の間引きをします。

オクラの生育の良い株を残して、1ヶ所1株にします。

間引くときは残す苗を痛めないように根元からはさみで切ります。

ここではさみを使わず、そのままオクラを抜いたりすると

根を痛めて、その後の生育が悪くなったり、枯れてしまうこともあります。



家庭菜園でオクラが本葉4~5枚に生育したら、

1株おきに間引いて、オクラの株間を広げます。

このときもはさみを使い、根元から切ります。

最終的には株間を40cmくらいにします。




オクラの花が咲いて1週間足らず

でうすい産毛で覆われた

小さいさやが見ることができます。

オクラの採りたての柔らかな歯ごたえ、

さわやかな香りを味わえるのは

家庭菜園の醍醐味ですね。










野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
野菜の種まきには、すじまき、点まき、ばらまきがあります。

しかしこれらのまき方どう使い分けたらいいか

わからない方がたくさんいるようです。


今回は家庭菜園での種のまき方の使い分けを紹介します。


○すじまき

直線のまき溝へ1列に種をまくすじまきは、

野菜の種をまいた後の

間引きや草取り、追肥、土寄せなどの

作業がやりやすい特徴があります。

コマツナなどの葉もの、カブ、ニンジン、ゴボウなど

多くの種類で使われます。




○点まき

1ヶ所に数粒ずつ、種をまいていく点まきは、

大きな野菜に使うと種のむだがすくすみます。

ダイコンやハクサイ、インゲンマメ、

エダマメ、スイートコーンなどは点まきがいいでしょう。




○ばらまき

全体に種をばらまくばらまきは、

もっとも簡単なまき方で、収量も多くなります。

ただし、種の量もたくさん必要で、

種のまきむらも出やすいです。

また間引きが遅れると徒長しやすいので

気をつけなければいけません。

ばらまきは生育期間の短いホウレンソウなどの葉もの、

ハツカダイコン、シソなどでおこなわれています。


野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園での連作障害を考えると

エンドウ、スイカ、ナスのように

6~7年も間隔をあけて栽培しなければならないものもあり、

小面積の家庭菜園ではたちまち野菜が作れなくなってしまいます。

家庭菜園のせまい畑ではとても無理!!

ひろい土地がなければ・・・とめげてしまいがちです。



しかし、せまい畑はせまい畑なりに工夫をすれば

連作障害を防ぎつつ、家庭菜園で野菜を作る楽しさを味わうこともできます。



ここでは家庭菜園での連作障害を防ぐのに

効果的な方法をご紹介します。

せまい畑だからとあきらめずに対策を練っていきましょう。



○接木苗(つぎきなえ)を使う


接木苗とは、病害に強い種類を台木として、

それに普通に栽培される苗を接いだものです。

一般の苗よりもちょっと値段が高くなりますが、

少しでも連作障害が出ないようにするためには、

接ぎ木苗を使うのが一番です。

家庭菜園に接木ではない苗を植えて、

うまく育たないところでは

一度接木苗を試してみてはどうでしょうか?




○耐病性の品種を利用する


タキイ種苗やサカタのタネなど各種苗メーカーからは

どんどん新しい品種が発売されています。

その中で病気に強い品種を選んで、

家庭菜園に植えることで連作障害の対策になります。




○コンパニオンプランツを植える


コンパニオンプランツを一緒に植えることで

連作障害による被害が少なくなることが実証されてきています。

例えばナスとチャイブを一緒に植えると

青枯病を軽減したりすることができます。

コンパニオンプランツについてはこちらをご覧ください。
コンパニオンプランツの記事



○土壌消毒

連作障害の原因が土壌伝染する病気の場合、

土壌を消毒すれば障害を避けることができます。

農家の方は薬剤を使用して土壌消毒されるようですが、

せっかくの家庭菜園ですから、

転地返しをおこなうなど

太陽熱を利用した土壌消毒をおこないましょう。




○家庭菜園を4つの区画にわけ輪作をおこなう


区画わけできるほどの広さのある家庭菜園を

お持ちの方は畑を4分割して、

順番に作物を入れ替えていくように輪作をするといいでしょう。

ナス科(トマト、ピーマン、ナス、ジャガイモ)

ウリ科(キュウリ、スイカ、ゴーヤー、トウガン)

マメ科(枝豆、インゲン、エンドウ)

その他野菜


というように、一年ごとに回転させ

家庭菜園に順番に作付けしていけば、

3年間は土を休ませることができるので

連作障害が出にくくなります。




○堆肥・腐葉土などの有機物を入れる


土が本来もつ分解能力を高め、

土に力をつけることは家庭菜園での野菜作りや

ガーデニングにおいての基本となりますが、

連作障害についても堆肥・腐葉土を入れることは

とても効果を発揮します。

土壌中に微生物のえさとして適度の有機物を入れ、

多様な生物が生育・生息しするような生態系を作り、

単一の病害虫が大発生する状態を防ぐといいでしょう。

しかし、未熟な堆肥を家庭菜園に入れることは、

野菜の根傷みや病害虫の発生原因となり好ましくありません。

牛糞などの動物性の堆肥よりも、

バーク堆肥などの植物性の堆肥を

入れることをおすすめします。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。