[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ゴーヤーのプランター栽培


ゴーヤーはある程度の土の量があれば狭いスペースでも栽培することができます。

プランターの場合長方形のものは容量が20リットル以上のもの、

丸型の場合は直径30cm以上で深さがあるものを選びます。

20リットルくらいのプランターで1本か2本のゴーヤー苗を植えます。

40~50リットルの発泡スチロールの箱でも

排水の穴を開けてやればゴーヤーを栽培することができます。




基本的なゴーヤーの栽培方法は露地定植と同じですが

ベランダなどでゴーヤーを栽培する場合には

フェンスなどを支柱代わりにし、つるを絡ませることもできます。

しかし、金属製のフェンスは太陽の光で高温になるので避けたほうがいいでしょう。




ゴーヤーのつるは込み合うと風通しや日当たりが悪くなるので

ゴーヤーのつるの整枝をこまめにするのがポイントです。





ゴーヤーの種子いろいろ




ベランダ菜園のすすめ
スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
じゃがいも栽培について 家庭菜園で上手にジャガイモを作る方法

家庭菜園での野菜の植え付け方を学ぼう

家庭菜園でのジャガイモの植え付けのポイント

ネギの育て方 ネギを上手に育てるには

ほうれん草の育て方 おいしいほうれん草を作ろう

ジャガイモ栽培 おいしいジャガイモの育て方ポイント

玉ねぎの育て方 玉ねぎの上手な作り方

大根の育て方 おいしい大根を育てよう

カリフラワー栽培 カリフラワーの育て方

じゃがいもの育て方 じゃがいも栽培

家庭菜園で上手にジャガイモを栽培するには

家庭菜園でおいしいトマトを作ろう

家庭菜園でおいしい野菜の作り方

家庭菜園でおいしいナスを作るポイント

家庭菜園で上手においしい大根を育てよう

セロリ栽培 上手にセロリを育てるポイント

家庭菜園でのおいしい玉ねぎの育て方

家庭菜園で上手にゴーヤを作ろう

ジャガイモの植え付けのポイント

家庭菜園で上手にほうれん草を作ろう

キャベツの育て方 キャベツ栽培ワンポイント

オクラの育て方 オクラ栽培のポイント

野菜栽培講座 もっと上手に野菜を作ってみませんか?

とうもろこしの育て方 とうもろこし栽培

野菜の植え付け時期 上手に野菜を育てるには

家庭菜園で健康的な生活をおくろう 野菜の上手の作り方

畑の土の作り方 土作りを学ぼう

ピーマンの育て方 ピーマンの作り方を学ぼう

上手なゴーヤ作りを学ぼう

葱の育て方 おいしいネギを育てるには

セロリの育て方 セロリ栽培を学ぼう

馬鈴薯の育て方 上手に馬鈴薯を作るには

じゃがいも栽培 じゃがいもを上手につくろう

ゴーヤの育て方 ゴーヤ栽培を学ぼう

チンゲンサイの育て方 チンゲンサイ栽培を学ぶ

モロヘイヤの育て方 健康野菜モロヘイヤを作ってみよう

シソの育て方 上手なシソ栽培のポイント

トマトの育て方 おいしいトマトの作り方を学ぼう

エダマメの育て方 エダマメ栽培を学ぼう

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ゴーヤーの栽培 育て方


ゴーヤーは地這いでも栽培できますが、

家庭菜園では支柱を立てる立体仕立てがいいでしょう。

ゴーヤーの立体仕立てでは、高さ2mくらいの支柱を立て、

横支柱を渡すか、キュウリネットなどを広げて誘引します。

棚仕立ての場合は、ゴーヤーを収穫する人の手が届く高さの棚に

ゴーヤーの種子を誘引し、棚の上でゴーヤーの側枝を伸ばします。




ゴーヤーの摘心



ゴーヤーの主枝には雌花が少ないので、

摘心をして側枝を伸ばします。

キュウリネットなどを使う場合は、

ゴーヤーの本葉が5~7枚になったら摘心し

側枝を5本くらい伸ばします。

棚仕立てでは、ゴーヤーの主枝が

棚に届くまでは摘心せず、

ゴーヤーの茎の先端が棚に届いたところで摘心し、

ゴーヤーの側枝を7~8本伸ばして扇状に誘引します。





ゴーヤーの交配



一面にゴーヤーのつるが伸びてきたら着果開始の時期です。

ふつうは昆虫が交配してくれるので何もしなくても着果しますが、

チョウなどの交配する虫が少ないところでは、人工交配します。

晴れた日の午前中、ゴーヤーの雌花が咲いているところに

ゴーヤーの雄花の花粉を、雌花の柱頭につけてやります。




ゴーヤーの収穫



ゴーヤーの実が大きくなり、十分に緑色が濃くなったころが収穫適期です。

品種によってもちがいますが、

だいたい20~25センチくらいになったら収穫できます。

ゴーヤーが青いうちに収穫しないと、

オレンジ色になり、実が割れてしまいます。

ゴーヤーの交配から収穫まではだいたい2週間くらいです。



ゴーヤーの種子いろいろ


ベランダ菜園のすすめ
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ゴーヤーの種の準備



ゴーヤーの種子は種皮がかたく吸水しにくいため、

ゴーヤーの種のとがった先端をはさみやペンチで

カットすることで発芽しやすくなります。

ゴーヤーの種の先端をカットしたら

水に2時間ほど漬けておきます。

長く浸しすぎると水腐れするので注意しましょう。

水に浸したときに浮いてきたゴーヤーの種は取り除きます。






ゴーヤーの種まき

家庭菜園でゴーヤーを育てるなら、

ポットで育苗してから定植する方法がいいでしょう。

発芽適温は25℃から30℃くらい、

生育適温は20℃から25℃くらいです。

温度が低い時期に育苗する場合は

ビニールハウスなどで栽培したほうがいいと思います。

3号ポリポットの場合、

ゴーヤーの種を3粒ほど、深さ2センチくらいにまきます。





ゴーヤーの間引き


ゴーヤーが生育して、本葉が1~2枚になったころ、

間引きをし、苗を1本にします。

ゴーヤーを間引きするとき、

引き抜いたりすると、

残すゴーヤーの苗の根を痛める可能性があるので

間引くゴーヤーははさみで切るようにしましょう。





ゴーヤーの定植


ゴーヤーの本葉が3~4枚になったら家庭菜園に定植します。

植える間隔は80センチくらいあけます。

根鉢を崩さないようにして、浅植えします。

ゴーヤーの根から上の部分は雑菌に弱いので

深く植えないようにしましょう。




ゴーヤーの種子いろいろ



ベランダ菜園のすすめ
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
シソへの追肥はシソの苗を植えつけた2週間後に

1回目をやります

その後、2週間ごとに、2回目、3回目と与えていきます。

1回目の追肥はシソの条間に浅く溝を作ってそこに施します。

2回目と3回目はうねの肩部分に施肥します。



1回目の追肥のあと

除草もかねて、畝の表面を軽く耕して土で肥料をかぶせてやります。

こうすることによって肥効を助けたり、株の倒伏を防ぐ効果があります。



シソの本葉が10枚以上になったら

シソを収穫し始めます。

葉の幅が4センチ以上になった若い葉を

葉柄をつけてていねいに収穫します。

シソは乾燥に弱いので

土が乾いたらたっぷりと水をやり

みずみずしいシソの葉ができるようにしましょう。



花穂紫蘇の収穫


シソは昼間の長さが短くなると花をつける

短日植物です。

7月下旬ころから花穂が成長し始めます。

1つのシソの穂に5から6花が咲き、

収穫適期になります。

花穂が10センチくらいになったら収穫しましょう。



シソの種子

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。