[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
緑肥とは雑草などの植物をそのまま肥料にしたものです。

家庭菜園でじっくりと時間をかけて効いていく緑肥は

将来のための貯金のようなものになります。



家庭菜園での緑肥は必ずやらなければいけないことではありませんが、

家庭菜園全体があいている植え替えの時期におこなうとよいでしょう。



一度に全部やる必要もないので、

毎年少しずつ場所を変えて、計画的に深層の土も肥やしていきましょう。



家庭菜園への緑肥の入れ方

まず家の周りや、畑の草を刈り、緑肥を集めます。

落葉樹があるようなら日ごろから落ち葉を集めておいても良いでしょう。



家庭菜園で緑肥を入れる場所を決め、深さ50センチくらいの溝を掘ります。



緑肥を投入し、土を元に戻して、緑肥を埋めます。

すこし盛り上がりますが、時間がたつと元に戻ります。



緑肥の投入は必ずやらなければいけないことではないですが、

土を肥やしていきたい場合は少しずつでもやるといいでしょう。

スポンサーサイト
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
家庭菜園での野菜つくりでのポイントは

なんといっても土つくりです。

化成肥料や農薬を使いたくないという方には

元肥の役割が重要となってきます。

家庭菜園の土作りのには大きく二つの目的があります。

ひとつは今年、これから家庭菜園に植える野菜の生育に直接効かせること、

ふたつめは来年、再来年、もっと先を見ての施肥です。

家庭菜園の準備は植え付けの2週間前までに済ませておきたいものですね





土起こし


家庭菜園の土作りで最初におこなう作業が土起こしです。

冬の間眠っていた家庭菜園の土を起こしてあげましょう。

土の状態は前にどんな使い方をしていたかにもよりますが、

昨年作った野菜の根が残っていたり、

長く使っていない土地の場合は、土がかなり硬くなっているかもしれません。



家庭菜園の土起こしはスコップでひと起こし30cmくらいの深さで天地返しします。

起こした土は移動させないようにしないと

家庭菜園がにでこぼこが出来てしまいます。

野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
真っ赤に実ったトマトは家庭菜園の象徴

広い畑がないからといってトマトを作るのをあきらめる必要はありません。

大玉トマトでも基本を押さえれば、プランターを使って、ベランダや庭先で、畑と同じように、

2,3段目くらいまでトマトを収穫することが出来ます。

広い畑がない人も自家製トマトに挑戦してみましょう。





苗の植え付け


トマトは、ある程度の深さがないと収穫量が落ちるので

たくさん土が入る大型、深型のプランターを用意しましょう。

土は市販の有機培養土を用いるのがお手軽です。

トマトにおすすめの培土

トマトの苗を植えつけるときは根をいためないようにします。

トマトの根をいためると花が咲くのが遅れるので注意しましょう。

トマトの植え付け後の水はたっぷりとやります。

1度鉢の底から水がでるくらいまで与え、

数十秒後にもう一度水をやるのがポイントです。




着果のポイント

トマトの植え付け後、晴れた日、トマトの花が咲くごとに花を手で軽くたたいてやると

花粉が自然に出てトマトが着果しやすくなります。




トマトの水やりのポイント

トマトのプランター栽培では水やりは大事な作業です。

基本は土の表面が乾いたらたっぷりと与えることです。

トマトの株元にたっぷりと水を与えたら、

一度鉢から水が引くのを待ち、鉢の底から水が出るのを確認したら、

再び鉢際までたっぷりと水を注ぎます。

表面がかわかないうちにたくさん水をやりすぎると、

トマトの根腐れや徒長、軟弱の原因となります。




トマトの品種いろいろ
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります

copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめPowered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。