[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
ハクサイ


はくさいは英語でチャイニーズキャベツといい、

日本には明治初年に導入されました。

白菜は国際的な統計ではキャベツの中に入っています。

日清・日露戦争に従軍した日本の農村出身者の兵士が大陸で

はくさいを初めて食べ、その大きさや味に感心したのが

全国的に広まるきっかけでした。



中国から各地に導入された種をもとに、

宮城、愛知、石川で、それぞれ松島群、野崎群、加賀群という、

日本のはくさいを代表する三大品種群がつくり出されました。



白菜は軟腐病などの土壌病害が出やすいので3~4年の輪作をします。

白菜は結球させるためには80から100枚の葉が必要とされます。

低温時期に入る前に、この白菜の結球に必要な葉の枚数を確保するよう、

生育は促進させなければなりません。



野菜名
科名
原産地
ハクサイ
アブラナ科
中国
学名
英名
和名
Brassica campestris
Chinese cabbage
白菜
種まき時期
定植時期
収穫時期
8月下旬~
9月下旬
 
11月~
種子の光反応
土壌適応性
明発芽種子
土壌適応性はかなり広い。
耕土が深く排水の良い沖積土が
最適地である。
弱酸性~微アルカり性を好む。
発芽
最低温度
最適温度
最高温度
4
18~22
35
生育
最低温度
最適温度
最高温度
4~5
15~20
25
うね幅
条数
株間
60
1
45~50
10a当たりの
定植本数
10a当たりの
播種量
20ml当たりの
種子粒数
2800
50~60ml
4000
花芽分
花芽分化をおこす低温の範囲は3~13℃、平均気温14~15℃以下、最低気温10度以下の低温で花芽分化。



ハクサイの品種いろいろ







⇒野菜作りの秘訣



野菜の栽培特性記事一覧
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

白菜

を今苗をポットで育てています。(http://webmasa.blog83.fc2.com/blog-entry-139.html)今年が初めてで、記事を参考にさせていただきます。何かで知ったのですが、よとう虫などの被害を受けるそうですね。「結球させるためには80から100枚の葉が必要」とありますが、それまでには虫を駆除しなければダメなんでしょうね?

ハクサイの由来は知りませんでした。
勉強になります。
なるほど、低温時期に80から100枚の葉が必要なんですね。
葉の枚数が少なければ、
春先に結球する前にトウ立ちしてしまうという事なんでしょうね!?
ハクサイの事は、よく知ってるつもりでしたが
お恥ずかしいかぎりです(~_~;)

楓山さんへ

楓山さんもハクサイを作っているんですね。
この時期に作る野菜は虫との闘いになりますね
ヨトウだけでなく、コナガ、アオムシ、シンクイムシなどいろいろな虫がやってきます。
とくに苗が小さいときはシンクイムシに注意が必要です。
シンクイムシは芽を食べてしまいます。

トマオさんへ

トマオさん コメントありがとうございます。
ハクサイの結球にはオーキシンなどの植物ホルモンが関わってくるみたいですよ。 葉が少ないとその植物ホルモンがうまく生成されないみたい
私もくわしくは説明できないんですけど・・・

今年もおいしい白菜でおいしい鍋が食べられますように


こんばんは!

今日は、コメントありがとうございましたぁ~。
なんだか、野菜作りのベテランさんみたいなので、いろいろ教えて下さいね~。
わたしは、ぜんぜん素人で、はちゃめちゃなことやってま~す。
よろしくおねがいします~。

cocoさんへ

cocoさん 訪問&コメントありがとうございます。
野菜は販売苗の生産管理をやってたことがあるのですが、まだまだ知らないこともあり、勉強中ですよ。
cocoさんのブログも参考にさせてもらいますね。

ありがとう~。

リンクありがとうございます~。
私の方も、貼らせていただきました・・。
苗の生産販売ですかぁ~!
すごいですぅ~。
いろいろ教えてくださいね~。

cocoさんリンクありがとうございます。
できる範囲でお答えしますのでなんでも質問してくださいね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。