[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
CATEGORY:野菜の分類
利用部分から葉菜、果菜、根葉に大きく分類されます。さらに科としても分類されます。同じ科の野菜を連作、つまり同一の圃場に毎年連続して同一種類の作物を栽培すると、作物によっては収量が次第に低下する場合があり、これを連作障害といいます。原因としては、土壌養分の過不足や不均衡、微量要素の欠乏、その作物特有の病害虫の密度上昇、有害物質(毒素)の集積、土壌反応及び土壌物理性の悪化などです。対策としては、輪作の導入、肥料・土壌改良材の合理的施用、土壌消毒、品種の選定などです。なお、作物によっては連作しても生産力が低下しなかったり、逆に生産性や品質が向上するものもある(サツマイモ、カボチャなど)。また果菜類での接ぎ木や、病害抵抗性品種の利用などによって連作障害をある程度回避できる場合もあります。




野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。