[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
大豆をほぼ毎日食べる女性は、あまり食べない女性に比べ、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞など循環器病の死亡率が約7割も低下することが、厚生労働省の研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防部長)による大規模な疫学調査で分かった。大豆に含まれるイソフラボンの摂取量が多いほど、特に閉経後の女性で脳梗塞や心筋梗塞の発症率や死亡率が下がった。研究成果は、11月27日付の米専門雑誌「サーキュレーション」に掲載された。

  調査は、岩手、秋田、長野、沖縄の4県に住み、調査開始当初、心臓病やがんになっていなかった40~59歳の男女約4万人が対象。90年から02年まで、13年間にわたって追跡調査した。

 その結果、大豆を週5日以上の頻度で食べる女性は、2日以下に比べ、脳梗塞や心筋梗塞による死亡率が0.31倍と低かった。イソフラボンの摂取量で比較すると、一番多い女性グループは、一番少ないグループに比べ、発症率が0.39倍だった。また、閉経後の女性の場合、摂取量が一番多いグループは、一番少ないグループに比べ、発症率が0.25倍と特に低かった。一番多いグループの一日当たりの摂取量は、豆腐3分の1丁か納豆小パック(約50グラム)1個程度だった。一方、男性には同様の傾向は見られなかった。

 担当した小久保喜弘・国立循環器病センター予防検診部医長(循環器疫学)は「イソフラボンを含む大豆を無理なく食べ続ければ、女性は脳梗塞や心筋梗塞を予防できる可能性がある。ただ大豆にはイソフラボン以外の成分もあるので、イソフラボンだけ取っても予防できるかは分からない」と話している。
--------------------------------------------yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000024-mai-soci



大豆を食べると脳梗塞や心筋梗塞を

予防できる可能性があるっていうニュースだけど

あるある大辞典の後みたいに

また納豆が売り切れになるとかなるのかな?









野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。