[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
トマトを色で分けると、

生食用のピンク系トマトと

ジュース用加熱調理用の赤系トマトの

2つに分類されます。



日本のトマトは、

皮が透明で果肉の色が薄いピンク系が主流です。

熟しても真っ赤になることはなく、

市販されている大玉トマトはほとんどが

ピンク系トマトです。

タキイ種苗の桃太郎トマトはピンク系トマトになります。


ピンク系トマトに対して、

赤系トマトの皮は、透きとおった薄黄色です。

このため赤系トマトは濃い赤橙色に見えます。



赤系トマトは赤色色素のリコピンを多く含むものが多いため

トマトの果肉も濃い赤色をしています。

赤系トマトは熟して色づくにつれてリコピンが増えます。




世界で生産されているトマトの大部分が

この赤系トマトです。



またこのトマトの色の違いが栄養素の違いになってきます。

ピンク系トマトと赤系トマトの栄養価を比べてみると

赤系トマトには、ピンク系トマトに比べて

ベータカロチンが2倍以上、

ビタミンCが1.5倍くらい多く含まれています。

うまみ成分であるグルタミン酸も

完熟期には赤系トマトのほうが多く含まれています。

トマトに含まれるリコピンには

抗酸化作用や抗がん作用が強いことが

わかってきています。



完熟してから収穫される赤系トマトは、

生食用のピンク系トマトと比べて

リコピンは約2倍含まれています。

トマトを加熱調理するとリコピンの吸収率が高まるため、

クッキングトマトは栄養面から見てもたいへん優れたトマトです。




赤系のクッキングトマトの品種としては

ティオクックパスタサンマルツァーノなどがあります。


↓赤系トマト             ↓ピンク系トマト
            

 VFローマ                ホーム桃太郎


日本の品種はピンク系が多く、赤系トマトは外国のものが多いです。



トマトの栽培特性について
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。