[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料の散布方法として、基肥と追肥があります。基肥は、作物の作付前や種まき前に施し、主に生育の初期から前半にかけて促進する。追肥は、その後の生育途中におこないます。なお、近年では肥効調節型肥料を用いて全量基肥とする栽培もあります。

○基肥
 上壌改良材を散布した後、均一になるよう散布する。
①葉菜類
  葉菜類は、生育期間の短いものが多く、茎や葉を大きくするため、肥効の早い速効性肥料を利用する。
②根菜類
  根菜類は、根や地下茎を大きくするのでカリの多い緩効性肥料を利用する。ダイコンなどの根を収穫するものは、直下に肥料が多いと岐根(また根)になりやすい。
③果菜類
  果菜類は生育期間が長く、収穫も順々におこなうものが多いため、基肥と追肥を併用する。基肥には緩効性肥料を用いて、1/2~2/3を施用する。追肥には窒素とカリを中心におこなう。


○追肥
 生育が長く途中で肥料切れする野菜は何回かに分けて肥料を補います。秋冬野菜を事例であげますと、一般的には第一回目を間引き終了時、二回目を本葉5枚、三回目を本葉7~8枚を基準とし、以降は生育の状況で判断しましょう。
果菜類ではそれよりも回数が増えます。
施肥場所は根の先端付近がもっとも効果的なので、生育にしたがって少しずつ野菜から遠ざけるようにしましょう。






野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。