[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
育苗方法として、地床育苗、ポット育苗、セル育苗の3種が主にあげられます。ここでは、ポット育苗とセル育苗を取り上げて解説します。なお、低温期の育苗は電熱温床でおこなう方法もあります。

ポット育苗
 トロ箱(木製または発泡スチロール製)とポリ鉢(9cm程度)を準備します。育苗培土は、市販の育苗培土に畑土を混ぜるか、畑上に砂を混ぜたものを用います。 トロ箱に培土を入れ、条間5~6cm程度で条まきします。 双葉展開時に2cm間隔に間引き、本葉2~3枚時にポリ鉢へ移植します。肥料は1鉢当たりIB化成1号を2粒ほど入れるか、液肥を用いるとよいでしょう。

セル育苗
 専用のセルトレイ(128穴、200穴など)を一般的に用います。薄いプラスチック製の場合は受け皿として水稲用育苗箱を準備します。育苗培土はセル苗専用の培養土を必ず使用します。育苗トレイに専用培土を入れ、かん水します。培養土が落ち着いたら種子をセルの中央に位置するようにまいて覆土します。その後、セルの底から水が出るくらい十分にかん水します。なお、種子はペレット加工したものを使用すると効率がいいです。かん水後は、ブロックやタル木等で積み、その上に置きます。なお、均一に発芽させるために寒冷紗等をかけます。なお、培土の肥料は2週間程度で切れるので、かん水を兼ねて液肥の2、000~3、000倍液を1日1回程度おこないます。

育苗期間
定植適期は、ポット育苗の場合は育苗日数35~45日、本葉展開葉数5枚で、セル育苗では同じく3~4週間、3~4枚です。なお、定植1週間前頃から、かん水を控えるなど苗の順化を行って揃え傷みしないようにしましょう。







野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。