[PR] チャーガ

お気に入りに追加する

「家庭菜園術&ガーデニング」をお気に入りに追加する RSS
新着情報


Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトはリンクフリーです
相互リンク大歓迎!
相互リンク募集中!
メールフォーム からどうぞ

家庭菜園術カテゴリー

家庭菜園術全記事(数)表示

全タイトルを表示

注目! 野菜情報


野菜宅配サービス徹底比較

自分でつくったものと食べ比べてみるとおもしろいよ

家庭菜園アクセスカウンター

家庭菜園術ブログ内検索


家庭菜園リンク

タグ

健康的ダイエット情報

アクセスランキング

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
肥料の成分別の働きを見ていきましょう。

多量必須元素(人間の食べ物にたとえると、主食)

窒素(N):原形質の主成分であるたんぱく質の構成元素
      (人間の食べ物でたとえると、炭水化物、米、パン)
     
リン酸(P):植物体内での代謝作用において重要な役割をおこなう。
      (人間の食べ物でたとえると、たんぱく質、肉、魚)

カリウム(K):養分を成長点に運ぶ。植物を強固にし、病害抵抗性を高める
      (人間の食べ物でたとえると、脂質、バター、サラダ油)

カルシウム(Ca):細胞同士の結合や固体の強度を増す。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))

マグネシウム(Mg):葉緑素の構成成分。日照不足で施用効果が大きい。
      (人間の食べ物でたとえると、野菜(灰分、無機成分))



微量必須元素(人間の食べ物にたとえると、ビタミンA、C、E、K)

硫黄(S):含硫アミノ酸の構成成分。ユリ科の作物で施用効果が高い。

鉄(Fe):葉緑素の合成、呼吸作用に関連。

マンガン(Mn):光合成やビタミンCの生成に関与している。

亜鉛(Zn):酸化還元の酵素作用に関与している。

銅(Cu):各種酵素の作用に関与している。

モリブデン(Mo):硝酸還元酵素の主成分。

ホウ素(B):細胞壁の成分。糖の移行、拡散の退社に関与。

塩素(Cl):繊維の形成。

ケイ酸(Si):表皮組織のケイ質化に関与











参考にした記事

有機肥料なら安心?
肥料
魚粉肥料で有機野菜 秋田・八郎湖周辺
肥料




【0706/66:環境問題】「環境こだわり農業」、琵琶湖の水質保全に効果、窒素、農薬流出量が半減



Feiのガーデニングテクニック3:植物の肥料について
食の安全を考える
野菜の栽培特性記事一覧






下のリンクをクリックするとこのサイトのランキングに反映されます。

みなさんの応援が私のやる気となっていきます。

また園芸の最新情報もチェックできます。

ここをクリック→人気blogランキング

応援ありがとうございます。






←応援ありがとうございます
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ←さらに詳しい情報のサイトあります
コメント

ご訪問ありがとうございます

ご訪問ありがとうございます。
いろんな植物を育てていますが、庭がないため、鉢栽培が多く、日照条件が悪いため、色々工夫して育てています。
化学肥料や、オリゴ糖、その他、色々やってるので、条件が悪い割には、成長や、花つきが驚くほどいいのですが、やはり、化学肥料、無機肥料に頼ると、副作用もでますね。
バラをたくさん育てて、花つきはいいのですが、香りがとても弱くなりますし、ハーブや野菜も、味が薄いです。
無理な栽培のため病気が多発しています。
ぼかしを使うのがいいのはわかっているのですが、住宅密集地のため、あの臭いのため作ることが出来ません。
アイデアはあるので、色々実験してみます。
よかったら、お互いに情報交換しあいましょう。

コメントありがとうございます。
日照条件がわるいというのはけっこうつらいですよね

その中でいろいろ工夫して栽培してるなんてすごいですね
でもいろいろ考えてやるのって楽しいですよね
うまくいったらすごくうれしいし

今はぼかし肥料じゃなくても完全有機肥料で匂いのほとんどないものもありますよ


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



硫黄のオキソ酸 硫黄のオキソ酸は慣用名をもつ。次にそれらを挙げる。''オキソ酸塩名称の '-' にはカチオン種の名称が入る''次亜硫酸、次亜硫酸塩 &mdas; かつてH2S2O4を次亜硫酸またはハイポ亜硫酸と呼んだが、IUPAC命名法により化学式に適合するように亜ジチオン酸ないし


肥料のレス


株元に2~3粒置けば毎日の水やりでジワジワ溶けて効果を発揮。肥料やけしないので夏場でも使っていただけます。気を使わずに使えるので結果的にコストが抑えらるという事で生産者も多用しています。成分:チッソ19・リン酸10・カリ10・苦土1・マンガン0.1・ホウ素0.05・ガ



copyright © 家庭菜園術&フードニング野菜で健康生活 all rights reserved.
まとめ Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。